山本耀司の展覧会「画と機」東京オペラシティで開催 - 画家・朝倉優佳とコラボ

写真拡大

ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)のデザイナー・山本耀司と、アーティスト・朝倉優佳による展覧会『「画と機」山本耀司&朝倉優佳』が、東京オペラシティ アートギャラリーで開催される。期間は、2016年12月10日(土)から2017年3月12日(日)まで。

2016年春夏メンズウィメンズコレクションからスタートした山本と朝倉のコラボレート。洋服に直接ペイントが施されたもの、絵画作品を生地自体にプリントしたものなどあらゆる表現を用い、“画と機”の世界をマッチさせる試みを繰り返してきた。

「画と機」は山本が兼ねてから熱望していた絵画を中心とした展覧会。2016年2月頃に発表され、設営するギリギリまで製作に時間を費やした沢山の作品が会場を彩っている。展示されている作品が全てではなく、これまで2人が作ってきたものは、山本が20作以上、朝倉が70作以上と膨大なもの。そこから山本と朝倉が相談をしながら、展示するものや順序、高さ、関係性を考慮し配置が決定している。

会場は大きく分けて三部構成

大きく分けて3つのゾーンに分かれている会場。本展の裏テーマである“いつも手遅れ”と書かれた入り口を抜けると、薄暗い空間が現れる。中央には、ガラスにオイルクレパスで描かれた作品が置かれ、壁には山本による女性の絵画が掲げられている。ガラスの作品は両面にペイントが施されているのだが、これは片面ずつ山本と朝倉が担当したもの。20年以上前に、購入したという海外の少数民族の写真からインスパイアされた配色になっている。

次の空間へとつながる部分には、2つの印象的な絵画が。奥の壁面には、ブルーの鮮やかな印象に白い2人の女性が横たわっている。周りに描かれているのは、世界中の美しい花や鳥を集めたような世界。その世界は、女性達の肌に刻まれたタトゥーが外側の世界へと広がったようなもので、溢れ出る美が画角いっぱいに埋め尽くされている。

山本耀司の父を描いた作品も

また、通路の脇に立てかけられた敬礼する男性の絵は、山本耀司の父を描いたもの。彼が物心つく前に、戦死しており、親族が亡くなるということや父の存在を認識できる前の出来事だったこともありあまり触れられていなかったが、その姿を想い起こし、絵を通して面会したことで一層思い入れの深い作品となっている。

針金と流木のマネキンに数シーズンのコレクションアイテムを着せて

次の空間に行くと、一変して明るく広い世界に。右手には、針金と流木でできたマネキンに、2017年春夏を含む最近のコレクションのアイテムが着せられている。その周囲を取り囲むように壁に展示されるているのが、朝倉のものを中心としたたくさんの絵画。山本のポートレートや、足だけを描いたもの、抽象画など空気感を統一しながらも、多彩な作品が並ぶ。

山本と朝倉の作品は、これといった規則はなく並べられているのだが、そこには個性がありながらも共通するものがあり、どちらが描いていてもおかしくないような作品も多数存在する。それは制作活動にあたり、2人が互いに影響しあいながら、展覧会に向けたアート活動を行ってきたことが伝わる。

さらに先に進むと、白と黒でできた屏風が現れる。これは息子が友人を家へ連れて来た際に、敷居となるものがないことへの不満を感じたことが出発点で、アクリル絵具を中心とした画材で、人の姿などが描かれている。さらに進むと桜の絵が現れ、一際存在感を放っている。

出口へと続く通路の途中には、山本がその場で直接手がけたという窓ガラスへのペイントが出現。向かい側の壁には虫ピンで止められた洋服が飾ってあるなど、彼の美意識が垣間見える展示がなされている。

展覧会全体を通して感じられるのは、山本の遊び心と繊細さだ。冒頭のガラス作品には、 MGS照明設計事務所の藤本晴美とともに特殊な照明を施したり、愛犬の鳴き声や山本のくしゃみが録音された音楽は、ヨウジヤマモトやY-3のショー音楽などを手がけている網元次郎が担当していたりと細部にまでこだわりが見える。また非常口のマーク脇には、山本を模したあらゆるマークが施され、目をこらすほどの楽しさを感じることもできる仕掛けがなされている。

他にも、田原桂一による映像作品を天井へと照射するなど見所は満載。特に思い入れのある父の作品は、時期によって展示場所も移動される予定で、観に行くタイミングによっても印象が違う展覧会となるだろう。

また、アートギャラリー前のショップでは、同時開催の写真展「YOHJI YAMAMOTO / モード写真」でも販売されるカプセルコレクションを展開。それらのアイテムも合わせてチェックしてみてはいかがだろう。

【イベント詳細】

■展覧会『「画と機」山本耀司&朝倉優佳』
開催期間:2016年12月10日(土)〜2017年3月12日(日)
時間:11:00〜19:00(金・土は20:00まで、最終入場は閉館の30分前まで)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
住所:東京都新宿区西新宿3丁目20-2
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、2016年12月26日(月)〜2017年1月3日(火)、2月12日(日)
入場料:一般 1,200(1,000)円、大・高生 800(600)円、中学生以下 無料
※同時開催「収蔵品展057 人間 この未知なるもの」「project N 66 村上早」の入場料含む。
※収蔵品展入場料200円(project Nを含む、割引なし)もあり。
※()内は15名以上の団体料金。
※障がい者手帳保持者及び付添1名は無料。
※割引の併用及び入場料の払い戻し不可。

【問い合わせ先】

TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

関連インスタレーション(朝倉優佳によるウォールペインティング)

展示期間:〜2017年3月12日(日)
会場:ヨウジヤマモト青山本店
住所:東京都港区南青山5-3-6
TEL:03-3409-6006


[写真付きで読む]山本耀司の展覧会「画と機」東京オペラシティで開催 - 画家・朝倉優佳とコラボ

外部サイト

  • ライゾマとアート+コムの合同企画展が東京・西新宿で - 光の動きに着目した最新のデジタルアート
  • 「ミニストリー・オブ・サウンド」一夜限りで東京上陸、ショーン・フランクやスロットルら出演のイベント
  • 長野で「小池千枝の軌跡〜100年の情熱」展 - ケンゾーやヨウジヤマモト等の作品も