写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Mayaで設計したベンツのコンセプトカー等、先端事例が登場
毎年秋に開催されているクリエイティブの祭典「TOKYO DESIGN WEEK(東京デザインウィーク)」が、今年も東京都・明治神宮外苑 絵画館前にて10月26日〜11月7日に催されている(11月1日は休場)。デザイン、アート、ミュージック、ファッション、フードなどさまざまなジャンルの最先端のクリエイティブを余すことなく体感できるイベントだ。

数ある展示のなか、ここでは、来場者参加型のインタラクティブアートや最新技術を駆使したIoT、デジタルプロダクトなどを展示する「Interactive展」と、ロボットや最新技術を搭載したデバイスを展示する「Super Robot展」などの中から、「ものづくり」に関わる人向けの必見作品をいくつか紹介したい。

○3Dプリントによるプロジェクトを多数展示- オートデスク

オートデスクのブースでは、「Make anything.」をテーマに、未来のデザインや建築、アート作品の展示と、3Dソフトウェアとデジタル機器を使って誰にでもできる工作ワークショップを毎日開催している。

展示されているのは、3Dプリントによるミッドソールを使用したアンダーアーマーのトレーニングシューズ「Architech」をはじめ、3DCGソフト「Maya」でデザインされたメルセデス・ベンツのコンセプトカー「バイオーム」の模型、オランダのファッションデザイナー"アヌーク・ウィップレヒト"氏が手がけた、3Dプリントによる蜘蛛のような形の反応型ドレス「スモークドレス」(ドレスのそばに近づくと生地に埋め込まれたセンサーが反応して、蒸気のような煙を出す)などの最新デザイン・エンジニアリングの事例が紹介されている。

また、ワークショップは短時間で気軽にできる工作から、時間をかけて完成させるものまでさまざま。基本的に予約は不要だが、週末や祝日に開催されるワークショップは事前予約が必要となる。同ワークショップの開催時間や予約受付は「Tokyo Design Week Autodesk Booth Workshop|EventRegist」ページを参照のこと。なお、予約が必要なワークショップの内容は、「Autodesk Fusion 360」を使ってブレスレット・迷路をデザインし、その場で3DプリントまたはCNC加工でファブリケーション加工できるということだ。

●超リアルに泳ぐ魚ロボットなどが見られる「Super Robot展」
○最先端ロボットが多数展示される「Super Robot展」。

韓国で2014年に設立されたロボット専門のベンチャー企業・アイロは、実際の魚と同様の動きで遊泳することができる、生体模倣型知能型ロボット「AIRO」を展示している。頭部に実装されたセンサーで方向や障害物を認識するほか、電子ブイ装置で浮力をコントロールしながらプールで2匹のロボットが泳ぐ様子は実にリアルで、本物の魚と見間違ってしまうほど。LEDの目が怪しく光っており、少々不気味ささえ感じた。

また、大学生開発集団「TRYBOS」は、はばたきだけで泳ぐペンギン型の水中ロボット「もるペン!」を出展している。IoTとVR操縦機能が搭載されており、遠隔から水中を泳ぐ感覚でなりきって操縦できる。ペンギンの形をしているので、ほかの動物と安全かつ自然に共有できるとしている。なお、10月29日、10月30日、11月5日、11月6日、11月7日の各日13:00、15:00、19:00に屋外特設プールにてデモンストレーションが実施されるということだ。

村田製作所は、ボールに乗って動くぶつかりそうでぶつからない「村田製作所チアリーディング部」、超低速あるいは停止してもバランスを取って倒れない自転車型ロボット「ムラタセイサク君」、一輪車ロボット「ムラタセイコちゃん」を展示。

さらに、シャープはロボットデザイナー・高橋智隆氏と共同開発したモバイル型ロボット電話「ロボホン」によるパフォーマンスを披露する。また、neurowearは話しかけるとペットのように答えてくれる鳥型コンピューター「コトリーズ」(4種)を、rimOnOはやわらか布製ボディのカワイイ超小型電気自動車「rimOnO」を出展している。

●スマホを自分の手で「つくる」インタラクティブコンテンツ
○来場者参加型のインタラクティブコンテンツも充実

このほか、来場者参加型のコンテンツが豊富に用意されている。「Interactive展」では、アスカネットが動画や写真、物体を空中に浮かせて見せる空中ディスプレイ「AI (エアリアルイメージング)プレート」を出展しているほか、「Creative Life展」ではNTTドコモが空中に浮かび上がった3D映像を手で操作して、オリジナルのスマートフォンに仕上げる「One in a million」ブースを展開。実際には何もないところに表示される鮮明な映像とインタラクティブな演出が、多くの来場者を驚かせている。

さらに、Interactive展の「JST ACCEL 身体性メディアプロジェクト」ブースでは、触覚のプロトタイピングツール「TECHTILE toolkit(テクタイルツールキット)」や鼓動に触れる「心臓ピクニック」、身体で感じるタップダンス「Karada Tap(カラダタップ)」など、"触覚"をテーマにした作品が展示されている。

○スーパーコンテナ展

貨物用コンテナを使って、参加型のインタラクティブアートや空間全体を彩るインスタレーションなどを展開する「スーパーコンテナ展」の注目は、日本電信電話(NTT)による「変身歌舞伎」。歌舞伎独特の化粧法である「隈取り」をモチーフに、同社の研究所の先端技術を組み合わせたインタラクティブ展示だ。来場者は入り口にズラリと並ぶ隈取りのお面を選び、それを付けた状態で写真撮影をすると、高精度に自動認識されて参加者の顔に隈取りが反映されるもの。

その後、巨大な立体顔面オブジェクトへのプロジェクションマッピングを楽しんだのち、SNSでシェアしたり、「お面」に印刷してプレゼントしてくれるという、楽しいコンテンツとなっている。

○TOKYO DESIGN WEEK 2016

【開催期間】前期:10月26日〜10月31日、後期:11月2日〜11月7日  ※11月1日は終日閉場 【時間】11:00〜21:00(最終日は20:00まで) 【会場】明治神宮外苑絵画館前 【入場料】当日券 2,500円

(早川厚志)