「空港に行く道」キム・ハヌル&イ・サンユン、済州島ロマンスを開始

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
キム・ハヌルとイ・サンユンがロマンス第2幕を開けた。

韓国で27日の午後に放送されたKBS 2TV水木ドラマ「空港に行く道」では、済州島(チェジュド) で偶然出会い、隣人としての縁を新たに始めるチェ・スア(キム・ハヌル) とソ・ドウ(イ・サンユン) の姿が描かれた。

スアはドウを無視しようとしたが、結局出来なかった。ドウはスアに積極的にアプローチした。スアはドウの作業室を訪れ食卓を注文し、ドウはスアが夫がいない状態で済州島で暮らすことを知り、「よかった」と喜んだ。

ドウとスアは食卓制作を言い訳に、頻繁に会った。ドウは妻無しで、スアは夫無しで、人の目を避けて会っていた。スアはイタズラをするドウに「変わったようです。気楽に見えるというか」と話し、ドウもスアの反応にうなずいた。

ところがパク・ジンソク(シン・ソンロク) がいきなり家族と休みを過ごすと済州島を訪れた。スアは晴天の霹靂のような話にドウとの約束をキャンセルした。