写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京王電鉄はこのほど、京王線調布駅周辺開発で建設中の商業施設にビックカメラの出店が決まったと発表した。「ビックカメラ調布駅店(仮称)」として、2017年秋の開業をめざす。

ビックカメラが出店するのは、京王電鉄が調布駅周辺で建設中の商業施設3棟のうち、B館と呼ばれる棟の1〜4階(計約4,700平方メートル)。都内では赤坂見附店に次いで、約4年ぶりの新規出店となる。他の2棟のうち、A館にはファッション・雑貨・食物販・カフェ・レストランなど多彩な専門店を誘致する予定。C棟はすでにシネマコンプレックスの出店が決まっており、カフェやレストランも導入する予定。完成すれば、3棟合わせて約70店舗の商業ゾーンが誕生することになる。

商業施設整備にあたり、周囲の景観になじむあたたかみのある色や素材を基本に、街との調和を意識したデザインを採用。店舗配置などの工夫により、建物内のにぎわいを外部に醸し出す計画とした。また、歩く楽しさを感じる足元デザインとし、全館1階外装のデザインを統一することで建物と街の回遊性を高める。

歩行者空間は緑化し、調布市が整備する駅前広場や線路跡地に計画されている緑道と連続性を持たせることで、街づくり計画全体との融合を図る。

(佐々木康弘)