大河ドラマ「真田丸」が撮影終了!/(C)NHK

写真拡大

放送中の大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)の撮影がオールアップした。

【写真を見る】10月31日(日)放送では幸村(堺雅人)は茶々(竹内結子)からある思いを告げられる/(C)NHK

'15年9月1日に真田ゆかりの長野県でクランクインした同作は、10月27日の収録をもって約1年2カ月の撮影を終了。大河主演という大役を務めあげた堺雅人のコメントが発表された。

堺は、「“真田丸”が一そうの船をイメージしていると最初に聞いたとき、本当に船旅に出るようなつもりでこの撮影を楽しもうと思いました」と撮影開始当時の思いを明かした。

続けて、「真田家が乗組員ならば、共演者の方々が我々を温かく迎えてくれる港、スタッフの皆さんが乗せてくれる船でした。乗り心地が決していいとは言えませんでしたし、どこに連れて行かれるか分かりませんでしたが、誰も見たことのない景色をたくさん見せてもらいました」と長旅を振り返った。

また、「そして、この旅のプランを作ってくれたのが三谷(幸喜)さんでした。風まかせ、潮まかせで動いてきた私に、1年2カ月という長い旅でしか見えない景色を見せてくれた三谷さんには感謝しています。本当に楽しい船旅を過ごすことができました」と脚本を担当した三谷幸喜への感謝を語っていた。

「真田丸」は12月18日(日)まで放送。本編ではクライマックスとなる“大坂の陣”が開戦直前だが、堺演じる幸村の戦いぶり、そして三谷がこの激戦をどのように描いたのか、ぜひ楽しみにしてほしい。