『キングコング:髑髏島の巨神』

写真拡大

映画『コング:スカル・アイランド(原題)』の邦題が『キングコング:髑髏島の巨神』に決定。あわせて特報映像が公開された。

【特報を見る】

1933年の映画『キング・コング』以来、たびたび映画に登場してきた巨大な猿「キングコング」の起源を描いた同作。神話の中にだけ存在する地図に載っていない島「スカル・アイランド」に派遣された遠征隊が、驚異と危険に満ちた自然の中で、やがてキングコングの真実を突き止めるというあらすじだ。

特報映像では、「人類立ち入禁止」「最凶」「最強」「最恐」「最大の王」といったテロップを織り交ぜながら、島に乗り込んだ遠征隊がキングコングの脅威に晒されるシーンが確認できる。後半では逆光の中に立つキングコングの巨大な影も登場する。