少女時代 テヨン、11月1日に新曲「11:11」をサプライズ公開…夢幻的な雰囲気の予告イメージに“視線集中”

写真拡大 (全2枚)

少女時代のテヨンが新曲「11:11」をサプライズ公開する。

テヨンは11月1日の夜11時、各種音楽配信サイトを通じてデジタルシングル「11:11」の音源をサプライズ公開する。

今回の新曲「11:11」は、アコースティックギターの静かなメロディとテヨンの柔らかいボイスが良く調和をなしたポップバラード曲だ。寂しい晩秋の夜の趣のある雰囲気に相応しい感性的な曲であるだけに、ファンたちのためにサプライズプレゼントとして準備した。

これと共に今回の曲の歌詞は人気作詞家キム・イナが手掛け「1日が終わる直前の時間」を「恋人関係が完全に終わる直前の時間」に例えた内容と、時針と分針が11時11分を指す時、恋人と共に願いを祈っていた記憶を思い出す、哀切な感じの歌詞で視線を引き付ける。

特にテヨンは少女時代の活動はもちろん、1stソロアルバム「I」、2ndミニアルバム「Why」で韓国の各種音源及びアルバムチャートで1位、iTunes総合アルバムチャート及びアルバムチャートで1位、音楽番組で1位を記録するなど、特級ソロ歌手として位置を固めた。

SMの「STATION」を通じて公開した「Rain」「Secret」、CMソング「済州道(チェジュド) の青い夜」、SBSドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のOST(挿入歌)「All with you」など、多彩なジャンルの曲を完璧に歌い、万能ボーカリストとして認められている。