写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は新型ボート「PONAM-28V」を開発し、直営のトヨタマリン営業所と全国のトヨタマリン販売店を通じて発売すると発表した。FRPとアルミ、カーボン繊維を組み合わせたハイブリッドハル(船体)により、快適な乗り心地を実現している。

「PONAM-28V」は、高い走航性と乗り心地を追求し、同時にキャビンの高級感・居住性にもこだわった「プレミアム スポーツクルーザー」として開発された。ヤンマーと共同開発したトヨタハイブリッドハルの採用、自動車の制御技術を応用した操船支援システムの採用、高級感のあるインテリアなどが大きな特徴となっている。

自動車のモノコックフレームにあたるハルには、FRPとアルミが持つそれぞれの特徴を生かし、さらにカーボン繊維を加えたハイブリッドハルを採用。FRPハルと比較して約7倍の高剛性を実現すると同時に、アルミハルとの比較で船体重量を約10%低減した。この構造によって複雑な曲面形状の成形が可能となり、走航性能と生産性向上も両立。推進抵抗が低減し、凌波性や旋回性が高く、衝撃や振動の少ない快適な乗り心地を実現した

操船支援システムとして、1基掛けエンジンでは世界初となる1軸TVASを開発、「PONAM」シリーズでは初めて28フィートクラスに設定した。最新技術により、船首方向だけでなく船尾方向でも風・潮を感知する位置制御も可能とし、停船時の船体位置の保持や、流し釣り時での船首方位の保持などが可能となっている。インテリアには、白色を基調とした清潔感のある広々としたデザインを採用。開放感に満ちた室内空間と、使い勝手の良いレイアウトを実現している。

トヨタの新型ボート「PONAM-28V」の価格は、「E」グレードが2,073万6,000円、「S」グレードが2,505万6,000円(ともに税込)となっている。

(山津正明)