フレッシャーズ編集部

写真拡大

給料の話題で耳にする“手取り"という言葉の意味をみなさんは理解されているでしょうか? 社会人として給料をもらう立場になれば、きちんと理解しておくことが大切です。そこで“手取り"とはどんな意味か、一般的な額面との違いだけでなく、月給と月収の違いなども詳しくご説明していきます。また就職活動をしている人も理解しておかないと、就職してから提示された給料より少なく『あれ? 給料が約束と違う……』なんてことになりかねません。そこで月収や年収、源泉徴収も合わせて理解できるようにご紹介していきます。



◆月給の額面と手取りの違いについて

【浪費家度診断】あなたは大丈夫? お金遣いの荒さをチェック!

まずは月給の額面と“手取り"の違いについてご紹介いたします。一般的な会社であれば『給与明細書』に、全てが記載されています。まずは月給の額面ですが、会社からアナタに支払われた給料の額を指します。といってもすべての額が受け取れるわけではなく、そこから社会保険料や所得税、住民税などが天引きされます。そして残った金額が“手取り"として銀行であれば口座に振り込まれます。なので月給として提示された額は、すべてを自分が使えるお金ではないので注意が必要です。この“手取り"として使えるお金のことを『可処分所得』とも言うので覚えておくとよいでしょう。

◆月給と月収の違いについて

“月給"と“月収"。きっと『えっ?! 同じ意味だと思っていた……』という人も多いのではないでしょうか。実はかなり大きく違います。まずは“月給"ですが「1カ月という単位で定められた給与」という意味を示しており、基本給と毎月固定で支払われる給与のことを指します。注意点としては、役職手当などは毎月固定されている給与として含みますが、月ごとに異なる残業手当などは“月給"には含まれません。次に“月収"ですが、簡単に説明すると「年収」を12カ月で割ったものです。年収にはボーナスや臨時収入なども含まれているので、当然ですが月給よりも“月収"の方が金額は大きくなります。

◆手取りに関わる源泉徴収について


“月給"と“手取り"の違いを簡単に説明すると「源泉徴収を引かれる前と後」と言えるでしょう。そこで“源泉徴収"とは何かをご紹介いたします。源泉徴収とは社員に支払う給与から、会社が所得税を天引きをして国に収めた金額と考えると理解しやすくなります。働いている人は国に所得税を収める義務がありますが、個人ではなく会社が代わりに税金を収めてくれることを“源泉徴収"と呼びます。源泉徴収額と年収が記載されている公的な「源泉徴収票」という明細書があります。他にも年金受給者向けの「公的年金等の源泉徴収票」などがあります。

◆手取りと額面の違いをきちんと把握しておこう

ここまで来れば何となく“手取り"が理解できたと思います。もう一度確認すると、“額面"とは会社から雇用者に支払われた金額で、そのまま受け取って使える給与ではありません。そこから所得税や住民税などの税金、そして社会保険料を会社が天引きした後に支払われた金額が“手取り"です。一般的には額面の8割が“手取り"の金額と言われていますが、扶養家族や社会保険が完備されているかなどで金額が変わってきます。また労働組合費なども引かれる場合があるので、給与明細書を必ずチェックしましょう。

◆さいごに

給与の“額面"と“手取り"の違い、月給と月収、源泉徴収の仕組みなどをご紹介をしました。額面と手取りの違いを理解すれば、『あれ? 給料が約束と違う……』という勘違いは必ず回避できます。また自分の給与明細書を理解することは、社会人として最低限の常識でもあります。また大企業に就職した会社員だけでなく、アルバイトでも源泉徴収はおこなわれます。月々の給与明細書と源泉徴収票は必ずチェックし、細かな内容も理解できるようになりましょうね。

文・学生の窓口編集部