『インフェルノ』

写真拡大

トム・ハンクスが『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続いてロバート・ラングドン教授に扮する超大作『インフェルノ』が本日から公開をスタートしたのを記念して、劇中映像の一部が公開になった。これまでラングドン教授は、膨大な知識を活かして様々な謎を解明してきたが、新作ではシリーズ最大の危機を迎えることになりそうだ。

『インフェルノ』特別映像

ハンクスが演じるロバート・ラングドンは、宗教象徴学を専門にしている大学教授で、芸術、歴史、建築、地政学、文化などあらゆる分野に精通しており、観たものを“映像”として完璧に記憶できる能力を持っている。これまでのシリーズでは、極めて難解な謎を残したまま先に進まなくなってしまった現場にラングドンが登場し、小さな手がかりを見落さず、圧倒的な知識・記憶力を頼りに謎解きを展開。大学教授とは思えない軽快な身のこなしも大作映画ならではのポイントだった。

しかし、最新作ではラングドンの“武器”のすべてが封印されてしまう。映画の冒頭で、ラングドンはなぜか病院のベッドに寝ており、体調は悪く、自分がなぜその場所にいるのか記憶がない。そんな折、ラングドンはアメリカの大富豪にして生化学の天才的な研究者ゾブリストが仕掛けた細菌テロを阻止するべく、ゾブリストがのこしたダンテの神曲“地獄篇(インフェルノ)”の謎に挑もうとするが、先に書いた通り、傷を負い、記憶力や知識がじゅうぶんに発揮できない状態だ。

このほど公開された映像でラングドン教授は、病院で彼を助けたことから行動を共にすることになった女性シエナと謎解きに奔走するが、その合間にも“なくした記憶”が急によみがえっては混乱し、さらにはそこで何者かに注射を打たれたことを思い出す。ラングドンが記憶を失っている時に何が起こったのか? もしその注射の中身がゾブリストの開発した“細菌”だとしたら? これまで万能であらゆる謎を快調に解いてきたラングドンがシリーズ最大の危機と謎の渦中に置かれていることが伝わる映像になっている。

『インフェルノ』
公開中