画像

写真拡大

 朝日新聞社、集英社、DACの3社は、10月28日より「T JAPAN: The New York Times Style Magazine」のデジタルメディア「T JAPAN web」の提供を開始した。

 朝日新聞社、集英社、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下DAC)の3社は、10月28日より「T JAPAN: The New York Times Style Magazine(以下、T JAPAN)」のデジタルメディア「T JAPAN web」の提供を開始した。

 「T JAPAN」は、ニューヨーク・タイムズ社が米国で発行する「T: The New York Times Style Magazine」の日本版で、朝日新聞社と集英社が共同で創刊したラグジュアリー系フリーマガジン。発行部数20万部で、首都圏在住のユーザーを中心に配布されている。

 「T JAPAN web」においては、朝日新聞社がプロジェクト全体の管理を行い、コンテンツの編集・制作を集英社が、プラットフォームの開発・広告配信をDACが担う。広告主は、本誌では行わないタイアップ型ネイティブ広告を活用し、感度の高いユーザーに向けたコンテンツマーケティングを行うことが可能になる。

MarkeZine編集部[著]