10月27日、第29回東京国際映画祭にて特別上映『うつくしいひと』のQ&Aが行われ、出演する橋本愛さん、高良健吾さん、行定勲監督らが登壇しました。


(c)Nosh

『うつくしいひと』のプロジェクトは、熊本県出身の映画監督・行定勲さんが、熊本にゆかりのある俳優、著名人らと連携して撮った作品。

熊本という地で秘められた恋が胸に迫りくる物語です。


(c)Nosh

行定監督は、「いいキャスティングだったというか。全員熊本で“熊本、いるねえ”って言われるんです。(橋本)愛ちゃんが熊本弁を話す感じがしないじゃないですか(笑)。高良くんも“どぎゃんしたんですか”とか言うんです」と、熊本愛全開に、キャスティングについて語ります。


(c)Nosh

主演の橋本さんは、この日、美しいブラックドレスで登場。


(c)Nosh

橋本さんは、行定監督作品について、「ノスタルジックな郷愁を感じるとずっと話していました。どこか何かを感じることがあって」と、作品への参加を感慨深げにしていました。


(c)Nosh

一方、高良さんは、「僕自身がこの世界に興味もったのが“私立探偵 濱マイク”のテレビシリーズなんです。それで映画にもすごい興味を持って。作品では“濱マイク”を見て影響されて探偵になった男を演じているので、僕自身も見直してちょっと真似しています(笑)」と意外な役者への経緯も含めて語りました。


(c)Nosh

さらには、「熊本弁、やりやすいです」と、うれしそうににっこりと微笑みます。


(c)Nosh

本作は、熊本地震が起こる前に撮影されたこともあり、熊本の美しい風景も収められています。

高良さんは、「地震が起きると思わず撮ったので、震災前の熊本の景色や映画を作れてよかったと、記録として震災前の熊本を残せたのはよかったと思います」と熱い想いをたぎらせます。

そして、本作は続編があることについても触れ、「今の震災が起きた熊本を残さないといけないというのがあって、続編が決まったと思っています。すごく意味があることだと思っています。映画の力を借りることができるというか。熊本に残すことや恩返しができたらいいと思います」と、熱心に語りました。

【関連記事】

※ 西島秀俊、赤ちゃんをあやすシーンは「緊張した」

※ リレーインタビュー企画!第3回目ゲスト「あふれ出るボイメン愛・田村侑久」

※ ボイメンにリレーインタビュー!第4回目ゲスト「かわいすぎる最年長・小林豊」

※ 永山絢斗からの熱いメッセージが到着「いい女になってください!」

※ 若手イケメン俳優・横浜流星に学ぶ!今日から使える護身術