RAINBOW、契約満了により解散へ…DSPメディアが公式発表(全文)

写真拡大

ガールズグループRAINBOWがDSPメディアとの契約満了に伴い、解散する。

28日午前、DSPメディアは報道発表資料を通じて「7年間、DSPメディア所属アーティストとして弊社と共にしてきたRAINBOWが、2016年11月12日をもってDSPメディアとの専属契約が満了します」と公式立場を明かした。

続いて「DSPメディア所属アーティストとして長い間共にしてきたジェギョン、ウリ、ジスク、ノウル、スンア、ユネ、ヒョニョンと今後の活動について十分話し合いましたが、残念ながらそれぞれの道を歩むことにしました」と明かした。

これにより、RAINBOWは2009年デビューし、約7年目にして解散することとなった。

※以下はDSPメディアの公式発表の全文である。

こんにちは。DSPメディアです。

7年間、DSPメディア所属アーティストとして弊社と共にしてきたRAINBOWが2016年11月12日をもってDSPメディアとの専属契約が満了します。

DSPメディア所属アーティストとして長い間共にしてきたジェギョン、ウリ、ジスク、ノウル、スンア、ユネ、ヒョニョンと今後の活動について十分話し合いましたが、残念ながらそれぞれの道を歩むことにしました。

弊社はRAINBOWがキラキラ輝く七色の虹のように、いつまでも明るく前向きなグループとして記憶されることを願っており、彼女たちの新しい活動と未来を応援します。

7年間、変わらずにRAINBOWに愛と応援を送ってくださったファンの方々に心より感謝の言葉を申し上げ、新しい出発を控えたメンバーたちにたくさんの応援をお願い致します。

ありがとうございます。