写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インターネットイニシアティブ(IIJ)とL is Bは10月27日、従業員視点による業務延長時間の見える化し、長時間労働を是正する「direct Smart Working Solution(ダイレクト・スマートワーキングソリューション)」の提供を開始した。

同ソリューションは、ビジネスチャットシステム「direct」とチャットボットの技術を活用し、コミュニケーションを軸とした働き方改革を支援するソリューション。「定時に帰る文化を創る」というコンセプトのもと、従業員視点による業務延長時間の見える化および、社員の業務PCを任意時刻にロックすることで、長時間労働の是正を促進する。

具体的には、設定時刻になると、業務PCが自動的にロック(スクリーンセーバーが起動)され、業務時間の延長申請を行うかどうかを確認するダイアログを表示する。延長申請をすると、上長に承認申請が送られ、上長が承認することでロックを解除する仕組み。

申請や承認のやり取りは、専用のソフトウェアを導入したPCや、directのスマートフォンアプリを導入したスマートデバイスで行える。申請・承認にチャットボットとアクションスタンプ(Yes/Noや選択肢などに回答できるスタンプ)を活用することで、最小限の操作で手続きを実行できるという。

提供価格(税別)は、PCロック/解除機能を提供する「ライト」プランが1アカウントあたり月額480円、事前申請や残業指示など全機能が利用できる「スタンダード」プランが月額780円。なお、別途システム利用料が年額25万円が必要。IIJとL is Bでは、販売目標として初年度50社の受注を目指すとしている。

(山本明日美)