写真提供:マイナビニュース

写真拡大

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は10月27日、海外に現地法人を持つ日本のEC事業者向け海外決済サービス「Z.com Payment」において、BtoBやBtoC取引をオンライン化できるクレジットカード決済機能「メールリンク決済」を追加した。

メールリンク決済は、購入者の注文方法に関わらず、注文ごとにZ.com Paymentから「決済画面」URLを発行し、そのURLを購入者にメールなどで送付することで、オンラインでのクレジットカード決済を可能とする機能。

これにより、BtoB事業者をはじめこれからEC展開を行いたいリアル店舗など、本格的なECサイトを完備していなくてもオンラインでの決済が可能となり、スピーディーな取引が実現するという。

購入者側も、注文後に代金を指定の銀行口座へ振り込むの手間がなく、オンライン上でスムーズに決済が完了する。また、BtoB取引でもクレジットカード決済が可能となるため、急な資金の準備は不要となるといったメリットがある。

(Aries)