マライア・キャリー、大富豪の婚約者と破局

写真拡大

歌手のマライア・キャリー(46歳)と、オーストラリアきっての大富豪ジェームズ・パッカー(49歳)が破局したと伝えられている。

豪版ウーメンズ・デイ誌によると、大富豪のジェームズは、マライアがリアリティ番組「マライアズ・ワールド」に頭がいっぱいになり、ジェームズが好まない形で2人の生活を世界に公開したいと考えていることから、すでにマライアとの婚約を解消したようだ。

ある関係者は「すべて終わりました。ジェームズはマライアの新リアリティ番組とマライアが2人の生活を世界に公開したいと思っている事実にかなり異を唱えていました」と話している。

さらに、ジェームズはマライアの散財っぷりにうんざりしていたとも言われており、別の情報筋は「ジェームズは本当に太っ腹な人ですが、マライアはそこを超えるくらいだったのです」と明かした。

ちなみに、ジェームズは2015年6月から交際しているマライアにプロポーズした際、1000万ドル(約10億円)の婚約指輪を贈ったと言われている。

さらに、ジェームズの姉妹の誕生日パーティーにマライアが出席しなかったことで、2人の関係に暗雲が漂っていることが明るみになったようだ。

前述の情報筋は「マライアが(ジェームズの姉妹の)誕生日パーティーのためにオーストラリアに行かなかったことで、家族内は難しい状況になりました。ジェームズの親しい友人グループは2人が実際に結婚するとは思っていなかったようです」と語っている。