セインツ吉田、カップ戦での出場機会に「与えられたチャンスで結果を残したい」

写真拡大

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、自身の現状について語っている。クラブ公式サイトが吉田のコメントを伝えた。

▽今シーズンの吉田はプレミアリーグ開幕節のワトフォード戦でフル出場を果たすも、以降は出場機会を与えられていない。一方で、ヨーロッパリーグの3試合、EFLカップの2試合でフル出場を果たすなど、カップ戦でチャンスを与えられている。

▽吉田は出場機会を確保することが難しいものだと本音を吐露。しかし与えられたチャンスで結果を残していきたいと意気込みを語った。

「僕にとって、1週間の中でカップ戦、リーグ戦、ヨーロッパリーグで出場機会を得ることは大事なことです。数分の出場でもコンディション面で違いがあります。今は監督に良いパフォーマンスを見せて、与えられたチャンスで結果を残したいと思っています」

「新年になれば1週間で2試合をこなさなければいけません。チームが一丸となることが大事で、誰が出ても結果を残すことが大事だと思っています」

▽吉田は今シーズンでプレミアリーグ5シーズン目となる。その間にサウサンプトンでは4人の指揮官が在籍した。吉田は、今もなお成長している実感があるようだ。

「過去の4シーズンで本当に多くのことを学びました。出場機会を与えられることもあれば、プレーできない時間もありました。昨シーズンはサイドバックでプレーする機会を与えられましたが、監督の期待に応えることはできなかったようです」

「シーズンの終盤には出場機会を失いました。だから、毎週プレーすることの重要さを理解しています。確かにプレミアリーグでプレーしたい気持ちはありますが、カップ戦でも僕にとっては大事なものです」

「昨シーズンよりも状態は良くなっています。あとはクラブがタイトルを獲得できるように、そのチャンスを待っています」