画像

写真拡大 (全2枚)

 日本旅行の「マイクーポン」サービスに、ブレインパッドのプライベートDMP「Rtoaster」のポップアップ機能が活用された。その結果、クーポンのクリック率が最大で15倍、クーポンから旅行の申し込みに至ったコンバージョン率が3倍改善した。

 総合旅行会社の日本旅行は、同社のデジタルマーケティング施策「マイクーポン」サービスにおいて、ブレインパッドのレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster(アールトースター)」を活用した。その結果、クーポンのクリック率(以下、CTR)が最大で15倍、クーポンから旅行の申し込みに至ったコンバージョン率(以下、CVR)が3倍改善した。

 「マイクーポン」サービスでは、日本旅行のインターネット利用者が同社のウェブサイトを訪れた際に、旅行の予約時に利用できる割引クーポンを提供する。

 「Rtoaster」は、最先端の機械学習アルゴリズムを搭載し、過去の購買情報やウェブサイトでの行動履歴から、顧客の興味・関心に基づく高精度な顧客セグメントを作成することができる。

 今回、日本旅行は「Rtoaster」のポップアップ機能を用いて、ウェブサイトに表示される「マイクーポン」をポップアップ形式に変更しその効果を検証。その結果、従来の静的バナーによるレコメンドと比較しCTRが15倍、CVRが3倍に改善した。

 また、同一内容のクーポンをEメールで配信するのに比べ、ポップアップ形式ではCVRが1.7倍になった。

MarkeZine編集部[著]