豪空軍のF35Aライトニング供J謄襦璽空軍基地にて。写真:豪国防省。 Image courtesy of Department of Defence

写真拡大

 2017年1月、米空軍は米軍岩国基地(山口県)に最新鋭ステルス戦闘機F35を10機配備する(参照:『朝日新聞』)。米空軍が米国本土を離れてF35を配備するのは初。他6機と合わせて16機の戦隊だ。

 広く知られるように、F35はアメリカの軍備大手ロッキード・マーティン(以下ロッキード社)等が開発する高性能ステルス機能を持つ次期戦闘機。「高性能センサーおよびセンサー融合技術、ネットワーク対応型の戦闘能力、高い整備性」(ロッキード社)を備える。(参照:「ロッキード・マーティン社F35公式サイト」)

 開発が始まったのは1996年11月。空軍、海軍と海兵隊のいずれにも対応できるように、3機種が同時に製造された。

「今後、もし無人攻撃機(ドローン)が主流になるならば、おそらくF35が最後の有人攻撃機」(米軍関係者)とさえ言われている、最新鋭の有人攻撃機である。

◆F35配備の「意味」

 米軍の最新鋭戦闘機が日本に配備となると、中国の海洋進出を警戒する目的だろうとの推測も根強いが、今年8月にF35を飛行したテストパイロットの手記 では、北朝鮮の核施設への攻撃を明記している。(参照:『SEVEN DAYS』)

 8月25日に、米バーリントンにあるバーモント空軍州兵で4人の隊員が「通常の訓練」の一環として「北朝鮮攻撃のシミュレーション」を行った。

 従来ならばスーパーホーネット2機、F-15を8機、F-16を8機、加えてAWACS 1機、管制機1機など、総勢20機は必要とみられた。この場合、兵士60〜75名がリスクにさらされると当局は見ている。しかし、仮にF35を取り入れた場合、F35(GPS誘導ミサイル搭載)を2機、護衛のF15を2機で済む。兵士は4名となる。

 F35は「シングルエンジン、シングルシート(single-engine,single-seat)」を特徴としており、パイロットは常に単独で操縦や通信、攻撃を行う。コックピットには「大きなiPad」(前出テストパイロット)のようなモニターがありタッチパネルで操作する。

 折しも前日の24日には、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)1発を新浦(シンポ)付近から発射し、約500km飛んでいた(参照:「防衛省」※pdf)。

 F35の配備で、北朝鮮への攻撃がにわかに現実味を帯びてくるようだ。

 しかし、F35の機体整備をめぐり、日本が足元をすくわれかねないかもしれない動きも出ている。

 オーストラリアのマリース・ペイン国防相とクリストファー・パイン国防産業相が2016年10月、アメリカを訪問した。豪北部準州へのインフラ投資として、米豪で20億豪ドル(約1520億円)を共同負担することで合意。(参照:『豪国防省』)

 これには2012年から開始された米軍の兵力配備戦略(Force Posture Initiatives)の一環としての米軍駐留費も含まれており、海兵隊を最大2500人まで受け入れ可能とした。

 この決定に元気づいたのは豪軍事産業界だ。

「北部準州がF35の整備基地になる」と地元紙が報じ、F35関連事業について、「すでに30社以上が8億豪ドル(約600億円)の契約を結んでおり、2023年までには20〜25豪ドル(約1520〜1900億円)規模になると予想される」とパイン国防産業相も期待を込めた見通しを述べた。(参照:『NEWS』、『NT news』)

 ただ、よく考えてみればちょっと不思議だ。

 なぜなら2014年12月には、「(F35戦闘機の)機体の整備拠点については、2018年初期までに日本及びオーストラリアに設置すること」(参照:『防衛省』)と、米国防省はすでに決定しているのだ。北太平洋エリアを担当するのが日本、南太平洋がオーストラリア--そう決まっていたはずだ。

 F35の整備には大きく分けてふたつある。

 ひとつは「機体の整備」(JSF Airframe Maintenance, Repair, Overhaul and Upgrade、MRO&U)で、通常の整備、点検、修理、交換など。