背景にある無数の骸骨が謎を深めるポスター (C)2015 Wanda Media Co.,Ltd

写真拡大

 中国で総読者数1600万人を誇る人気ウェブ小説「鬼吹灯」(全8シリーズ)を原作にした「ロスト・レジェンド 失われた棺の謎」が、中国と香港で大ヒットした作品を紹介する特集上映「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」のラインナップとして、2017年1月7日から公開されることが決定した。あわせて、キャラクターたちが武器を手にポーズを決めるポスターを、映画.comが先行入手した。

 映画は、伝説のトレジャーハンターのコンビの冒険を描くミステリー・アドベンチャー。鉱業会社の古墓発掘プロジェクトのために、呪われた地下宮殿へ侵入したトレジャーハンターのコンビが、次々とおぞましい魔物に遭遇。やがて、地下宮殿崩落の危機にも見舞われてしまい、魔物たちと壮絶な死闘を繰り広げながら、地上への脱出を目指す。

 監督を務めるのは「妖魔伝 レザレクション」を手掛けたウー・アルシャン。「インデペンデンス・デイ」で第69回アカデミー賞視覚効果賞に輝いたダグラス・スミスを起用して、東洋と西洋の要素を融合させたイマジナリーな世界観を、1500ショットのエフェクトによって創出。また、「テラフォーマーズ」「悪の教典」の音楽を担当した作曲家、遠藤浩二が壮大な冒険譚を彩るメロディを作り上げている。

 トレジャーハンターのコンビに扮するのは、「魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル」のチェン・クンと、「西遊記 はじまりのはじまり」のホァン・ポー。コンビをサポートする男勝りなヒロイン役に「黒衣の刺客」のスー・チー、物語のキーパーソンとなる女性役を「インデペンデンス・デイ リサージェンス」のアンジェラベイビーが演じている。

 「ロスト・レジェンド 失われた棺の謎」は、17年1月7日から、「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」で上映される1作品として、東京・シネマート新宿ほか全国順次公開。