キングコング:髑髏島の巨神

写真拡大

全世界の映画ファンが待望するスクリーンの王者"キングコング"を描くアドベンチャー超大作『Kong: Skull Island(原題)』の日本公開タイトルが『キングコング:髑髏島の巨神』に決定! 本日10月28日(金)、ゴリラの日に合わせ解禁となった。

『キングコング:髑髏島の巨神』で調査遠征隊のリーダー・コンラッド役をトム・ヒドルストン(『ナイト・マネジャー』)、戦争写真家ウィバー役をブリー・ラーソン(『ルーム』)が演じる。その他には、サミュエル・L・ジャクソン(『アベンジャーズ』)、ジョン・C・ライリー(『おとなのけんか』)、トビー・ケベル(『ブラック・ミラー』)らが出演。メガホンをとるのは、映画界注目のジョーダン・ボート=ロバーツ監督だ。製作には、『GODZILLA ゴジラ』、『パシフィック・リム』を手掛けたレジェンダリー・ピクチャーズ。

神話の中にだけ存在するとされた謎の島に調査遠征隊が派遣される。彼らの任務は、未知なる生物を発見すること。だが、その島は、人類が決して足を踏み入れてはならない「髑髏島(ドクロトウ)」だった...。髑髏島の巨神=モンスターの王者"キングコング"は、2020年には、日本が生んだキング・オブ・モンスターである"GODZILLA(ゴジラ)"と"神"対決することも発表されている。

『キングコング:髑髏島の巨神』は2017年3月25日(土)、丸の内ピカデリー・新宿ピカデリーほか全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)