今年8月末の台風10号(ライオンロック)で甚大な被害を受けた北朝鮮北東部には、多くの兵士や労働者が投入され、復旧作業に当っていると伝えられているが、被災地のひとつ会寧(フェリョン)市だけでも13万人が投入されたとの指摘がなされた。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

北朝鮮当局が、大雨で増水したダムの水門を事前通告なしに開けたことで被害が拡大した今回の洪水。北朝鮮側の被災者だけでも、6万8000人(政府公式発表)から最高で30万人(韓国の世宗研究所調べ)に達する、未曾有の大水害となった。

人口に匹敵する兵員数

これに対して、朝鮮労働党中央委員会は9月10日、「現非常事態に対処して朝鮮労働党は200日戦闘の主打撃方向を北部被害復旧作業に転換させ、難局を打開する重大決断を下した」「主力部隊を北部被害復旧部門に急派し、全党、全軍、全人民が総力を集中する」と発表し、金正恩党委員長は10万人の人員を被災地に投入することを命じた。

対北朝鮮情報筋がRFAに語ったところによると、投入された人員は10万人どころか、会寧市だけでも13万人に及ぶという。

情報筋によると、人民武力省は内部命令を発し、水害3〜4日後に13万人の兵士を現地に派遣した。人口が14万人に過ぎない会寧に13万人もの人員が送り込まれたのは、歴史上類を見ないものだ。

彼らは復旧作業に当たる一方で、国境警備も行っている。会寧には仁渓(インゲ)大隊と遊仙(ユソン)大隊の2つの国境警備隊が駐屯していたが、基地全体が洪水に流され、隊員の遺体すら見つかっていない。このような状況で、当局は住民が大量に脱北することを恐れていた。

そのため、13万人のうちの一部を国境警備に当たらせ、破損した国境警備施設の再建、補修にも当たらせている。

略奪が横行

兵士の大量投入は、功を奏したようだ。咸鏡北道出身の脱北者は次のように語った。

「会寧に軍隊が大挙してやってきて、川の流れがすべて変わったこともあり、町の人々は中国に行こうにも行けずにいる。」

会寧に投入された人員だけで13万人だとすれば、被災地全体には数十万人の人員が投入された可能性がある。いずれにせよ、被災地の住民にとっては「悪夢」だ。当局は人員に対して食糧などの配給を一切行わず、現地調達することを命じているため、略奪が横行しているからだ。

そのあまりの深刻さに金正恩氏は「復旧建設中に人民の財産に手を出す現象が発生すれば、その場で銃殺してもいい」との命令を下したほどだ。