音楽専用プレーヤーならではの使い心地と高音質

写真拡大

ソニーは、「ウォークマン A30」シリーズ4機種を2016年10月29日に発売する。片手でも扱いやすい3.1型タッチパネルに加え電源、ホールド、再生/一時停止などの操作ボタンをサイドに配置。ポケットやカバンの中でも画面を見ずに基本的な操作が可能に。音楽再生画面を中心に上下左右にフリック、再生リストやブックマーク、音質設定などの画面にアクセスできるユーザーインターフェイスを採用した。

ノイキャン搭載ハイレゾヘッドホン「h.ear in」同梱モデルを用意

CDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源対応のフルデジタルアンプ「S-Master HX」が進化し、ヘッドホン出力が従来比約3.5倍の35+35ミリワットに向上。再生帯域のノイズを低減し、繊細な音をクリアに表現できる。

11.2MHzまでのDSD再生(リニアPCM変換)にシリーズ初対応。Bluetooth経由でも従来比で約3倍の情報量を伝達可能な「LDAC」、MP3など圧縮音源やCD音源をハイレゾ相当にアップスケールする「DSEE HX」を備えるなど、様々な音源を高音質で楽しめる。

カラーはビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンクの5色。

ラインアップと市場想定価格は、ノイズキャンセリングヘッドホン「h.ear in(MDR-NW750N)」を同梱した容量64GBモデル「NW-A37HN」が4万4000円前後、同32GBモデル「NW-A36HN」が3万4000円前後、同16GBモデル「NW-A35HN」が2万9000円前後。ヘッドホン非同梱の16GBモデル「NW-A35」が2万2000円前後(全て税別)。