市販の牛乳パックのまま使用

写真拡大

日用品および生活家電などを手がけるアイリスオーヤマ(仙台市)は、ヨーグルトメーカー2機種を2016年10月31日に全国のホームセンターおよびインターネット通販などで発売する。

甘酒や納豆、塩麹など発酵食品も作れる

種菌や時間、温度の組み合わせに違いがある「プレーン」「カスピ海」「ケフィア」など様々な種類のヨーグルトを調理できる。市販の牛乳パック(500または1000ミリリットル)をそのまま使用できるため、別容器に移し替える手間が省けて衛生的だ。

上位モデル「ヨーグルトメーカープレミアム IYM-012」は、温度を1度刻みで25〜65度、時間は1時間刻みで1〜48時間まで設定でき、好みに合わせて最適なヨーグルトの調理が可能。そのほか甘酒や納豆、塩麹などの発酵食品も作れる。

牛乳パックの蓋キャップ、スプーン、調理用容器、水切りカップ、レシピブックが付属する。カラーはパールホワイト。

参考価格は6980円(税別)。

同時発売の調理温度と時間があらかじめ設定されたスタンダードモデル「ヨーグルトメーカー IYM-011」の参考価格は4980円(同)。