岡村隆史(右)と田村亮(左)の新番組「おかべろ」の囲み取材が行われた

写真拡大

11月5日(土)からナインティナイン・岡村隆史のカンテレ初レギュラー番組「おかべろ」(毎週土曜昼2:24-2:54、関西ローカル)がスタート。10月27日にはゲストにヒロミを迎えての初回収録が行われた。

【写真を見る】「ようやくカンテレさんに気付いていただけた」と岡村

「おかべろ」はロンドンブーツ1号2号・田村亮が経営する某テレビ局近くの飲食店を舞台に、田村と常連客として登場する岡村が、店を訪れてきた有名人に質問をしていくというシチュエーショントークバラエティー。

収録後、岡村と田村の囲み取材が行われると、岡村は「ようやくオファーをいただけて、単純にうれしかったです。ずっと言ってるんですけど、住民票は大阪のままですし、そういうところをようやくカンテレさんに気付いていただけたかなって思っています(笑)」とカンテレ初レギュラーの心境を語った。

一方、田村は「きょうはすごくやりやすかったので、僕に負担が掛からないゲストがいっぱい来てくれればって思います(笑)」と収録を振り返りながらも、「女性が来たときは僕もどうなるか分かりませんし、岡村さんもきょうみたいに話してくれるか分からないので、既に不安になっています(笑)」と、早くも女性ゲストを迎えてのトークを心配。

そして、今後番組に来てもらいたい人を聞かれると、「卓球の水谷(隼)選手に会ってみたいです。ちょっと変わっているような空気が出ているじゃないですか。話を聞いてみたいです」(田村)、「橋下(徹)さん。何を話したらいいか全然分からんけど(笑)。政治とは関係ないところのお話をできたらなと思います」(岡村)とそれぞれに希望を明かした。