最強のコングに打つ手なし! (C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND
PATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 トム・ヒドルストンとブリー・ラーソンの共演でキング・コングの起源を描く「コング:スカル・アイランド」の邦題が、「キングコング 髑髏(どくろ)島の巨神」に決定した。あわせて、巨大なコングの姿を収めた特報がお披露目された。

 映画は、「キング・コング(1933)」などでコングの故郷として描かれたスカル・アイランド(髑髏島)を舞台にしたアクションアドベンチャー。神話のなかの存在と思われていた髑髏島が実在することが判明し、元SAS(英国陸軍特殊空挺部隊)隊員のキャプテン・ジェームズ・コンラッド(ヒドルストン)ら遠征隊が派遣される。驚きと危険に満ちた“楽園”で、人間と自然との間で壮絶な闘いが展開するなか、コングの驚くべき真実が明らかになっていく。

 このほど公開された映像には、コングの脅威が伝わるシーンがふんだんに盛り込まれている。髑髏島の岩壁には、血塗られた巨大な手形が残され、隊員を乗せたヘリコプターは、地上から投げられたやしの木で墜落させられる。水辺に立つ巨大な足、夕日を背景に浮かび上がる上半身の影と徐々にその全貌が明らかになり、荒々しい鼻息とともにコングが崖の上に顔を出すまでが描かれている。

 「キングコング 髑髏島の巨神」は、2017年3月25日から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開。