運営する「スタジオNagomi」のセミナールームで仲良く向き合って昼食を食べる。

写真拡大

一言で「主夫」といっても、家事の分担度はさまざま。兼業主夫2人と専業主夫1人の24時間に迫りました。キャリアを築きながらプライベートも充実させる、時代の先取り夫婦の知恵がつまっています。

小林未千さん&弘和さんご夫妻
【仕事】夫:取締役 妻:代表取締役【家族構成】夫、妻【家事分担率】8:2

女性の開業・経営を支援するコンサルティング会社を夫婦で営む小林さん夫妻。妻の未千さんが会社の顔として活躍する一方、夫の弘和さんは公私にわたって妻を支えている。毎日の朝昼食の準備から食器の片付け、ゴミ出し、掃除、洗濯に至るまで、家事のほとんどが弘和さんの担当だ。

美容業界で営業マネジャーとして働いていた未千さんと医療関係の営業の仕事をしていた弘和さんは、2001年に結婚。結婚当初は広島と松山で離れて暮らしていたという。

「もともと、2人とも独立願望があって、私がやってきた美容業界でのマネジメントを生かしたビジネスを、いずれ一緒にやれたらいいねという話は結婚前からしていたんです。しばらくは別居婚だったのですが、お互いに転職、転勤を願い出て生活拠点を東京に移しました」と未千さんは振り返る。

その後、07年に2人で和未(なごみ)コンサルティングを設立。当初、クライアントは美容業界が中心だったというが、今では書道家からフリーアナウンサーまで業種はさまざま。専門知識や技術はあるけれども、集客力や経営スキルに乏しい女性へのコンサルティングをしている。09年からは女性起業家支援コミュニティー「スタジオNagomi」の運営も開始。

■料理は妻、それ以外は夫。得意なことを楽しみながら

「毎日スタジオまで一緒に電車で通勤し、9時からはそれぞれの仕事をする。昼食は週末に私がつくりおきしているお総菜を食べるんですが、玄米ご飯とおみそ汁は夫がスタジオでつくって温かいものを出してくれますね。それからまた18時まで働いて、買い物をして帰宅するといった流れです」

帰宅後、食事をつくるのは妻だが、その後の片付けは夫の役割。未千さんも一応、「手伝おうか?」と声を掛けるものの、弘和さんの「座ってていいよ」のひと言に甘えてしまうのだそう。

「未千に動かれると余計に時間がかかるから(笑)、自分でやったほうが早いんですよ。キッチンが散らかっていても、『わぁ! 今日はまた派手に油を飛ばしたなぁ』なんて思って掃除しますね。キレイにすることでスッキリする。僕は料理はできないけれど、片付けや掃除をすることは当たり前のことなんです」と弘和さん。

「彼はすごくきちょうめんで、私は細かいことが苦手。だから『お願いしま〜す』みたいな(笑)。洗濯も下着やストッキングはちゃんとネットに入れて洗ってくれるんですよ! 脱衣所にネットに入れて洗う用と普通に洗う用の2つのカゴがあるんですけど、私、よく入れ間違えちゃって(笑)。それでも怒ったりはしないで、そんな私を面白がってくれますね」

 

仲むつまじい2人だが、一日中一緒にいて息が詰まったり、けんかになったりすることはないのだろうか?

「それがないんですよ。とにかくよく話しますね。ずーっと話しています。仕事のことも、くだらないことも。今後は講演やセミナー、研修などをもっと増やして、2人で一緒に全国に出ていけるようにしたいねって話していて。お互いの体やプライベートの時間も大事にしながらやっていきたいなと思っています。走ってばっかりじゃなくて、たまには立ち止まってペースを落とすことも考えないと、ですよね」と未千さんは語る。

仕事上のプランを考えるのは妻の担当で、お金のやりくりや事務周りのことは夫の役目。小林さん夫妻は仕事も家事もお互いが得意な分野を担い、補い合っている。お互いの凹凸をしっかりカバーできる関係性であれば、夫婦起業という共働きスタイルはとても魅力的かもしれない。

▼主夫・弘和さんの24時間

6:45 起床、朝食準備
7:00 妻を起こす、体温&体重チェック
7:45 朝食&新聞リサーチ
8:30 食事の片付け、ゴミ出し、洗濯物の片付け
9:00 出勤
10:00 始業
11:45 昼食準備
12:10 昼食
12:50 昼食の片付け
13:00 仕事
18:00 仕事終了
19:00 帰宅、夕飯準備の手伝い、掃除機がけ、入浴、風呂掃除
20:30 夕食
21:00 夕食の片付け、洗濯、ホームベーカリーをセット
22:00 TVニュースを見る
23:00 就寝

(福田 彩=文 清水朝子=撮影)