全国各地で遊説を始めると原稿を読むということを完全に放棄し、用意された原稿はアウトライン程度にしか考えなかったという Photo by Keiko Hitomi

写真拡大

 本書『トランプ』が発売されるにあたり、本人はこう言ったそうだ。

“ 買うな! 退屈な本だ! ”

 しかしこの発言こそが、より一層の好奇心をかき立て、最強の宣伝文句になってしまう。今、世界で最も耳目を集め、あらゆる面で逆説的な男、それがドナルド・トランプだ。

 先日行われた、大統領選の2回目のテレビ討論をご覧になられた方も多いことだろう。人の質問にきちんと答えない、変なところに立つ、相手を恫喝する。その目を覆わんばかりの光景は、まるでドラえもんにおける「ジャイアン・リサイタル」のようでもあった。ならば、このジャイアンとは、いやトランプとは一体何者なのか?

 マンハッタンを制覇した青年実業家。アトランティックシティを再興し、あらゆるものを金メッキで覆った不動産開発業者。「高視聴率男」を自称するエンターテイナー。そして60年以上ぶりに公選職の経験がない人物大統領候補。本書は、そんなトランプに関する様々な顔を時系列で追いかけ、その正体を徹底的に明らかにしようと試みた一冊だ。

マライア・キャリーや
ダイアナ妃と「やりたい」

 執筆したのは、調査報道の雄として知られるワシントン・ポスト紙のジャーナリスト達。討論会の直前に、10年前のトランプの「卑猥な会話」がずいぶん話題になったが、これも彼らの手によってすっば抜かれたものだ。

 20人以上にも及ぶ腕利きの精鋭軍団達によって丸裸にされていくトランプの過去を知れば知るほど、これまでの、そしてこれから起こるであろうトランプのスキャンダルも、当然の帰結として受け止められるようになるだろう。

 それを裏付けるように、冒頭から知られざるエピソードが次々に明かされていく。マンションに黒人を入居させなかったとして、人種差別罪で訴追されたこと。マライア・キャリーやダイアナ妃と「やりたい」と公言して憚らなかったこと。二度離婚し、伴侶とは「秘密保持契約」を交わしていたこと。三度目の結婚式にはヒラリーを招待し、最前列で出席していたこと。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)