日本は準々決勝からスタメン10人を入れ替えたが、ベトナムを攻守に圧倒して3-0の快勝を収めた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[U-19アジア選手権・準決勝]日本 3-0 ベトナム/10月27日/バーレーン
 
 この世代では初の世界切符を掴んだベトナムを相手に、準々決勝からスタメン10人を入れ替えて臨んだ日本が攻守に圧倒。相手にほぼチャンスを与えず、3-0で快勝した。
 
 内山監督は大幅なメンバー変更に関して、「神谷選手が怪我で離脱しましたが、基本的には23名で予選を戦えるメンバーで来ている。選手を信じて戦いました」と述べ、ベトナム戦に自信を持って臨んだことを強調した。
 
 ともに来年に韓国で開催されるU-20ワールドカップの出場権を掴んだあとの対戦となったが、序盤から両者の力の差は歴然。セットプレー絡みの2点と、相手DFのクリアをブロックして押し込んだ中村の得点にとどまったが、ベトナムに付け入る隙を与えず、今大会の無失点を継続する危なげない試合運びで押し切った。
 
 内山監督は「出場権を得た後、アジアのチャンピオンを目指して取り組んできたので、最後のゲームを勝って終わりたい」と、決勝へ向けての抱負を語った。