「キレる」児童の低年齢化が加速 原因は家庭でのしつけか

ざっくり言うと

  • 2015年度の調査によると、加害児童数は1万5154人と前年度に比べ40.1%増加
  • 内訳は小学1年生76.2%増、2年生77.2%増で「キレる」児童の低年齢化が加速
  • 文科省は、就学前の家庭でのしつけが不十分であることを原因に挙げている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング