舞台挨拶に立った平原綾香

写真拡大

 ドリュー・バリモアとトニ・コレットがダブル主演した「マイ・ベスト・フレンド」が10月27日、第29回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、日本版テーマソング「STAR」を歌う平原綾香がTOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に立った。

 花の刺繍があしらわれた水色のドレス姿で登壇した平原は、日本版テーマソング「STAR」を熱唱。力強く伸びのある歌声を響かせた後、会場からの温かい拍手に笑顔で応えた。「映画のために書き下ろした訳ではないのですが、私自身、作品の内容にぴったりな曲だと感じています」と前置きし、「エンドロールに星がキラリと輝くような演出がありますよね。もちろん私の歌に合わせたものではないので、その偶然にも運命的な出合いを感じました」と語った。

 「声をあげて泣いたのは久しぶりだった」と今作の感想を述べた平原。友情について問われると「実は今日、小学校1年生から付き合いがある大親友が来てくれているんです。悩みを話せば笑い飛ばしてくれたり、落ち込んでいる時は傍にいてくれる存在。友達の大切さは、大人になった今だからこそ一層強く感じますね」と話した。

 また、この日はサプライズゲストとしてジャングルポケットのおたけ、太田博久、斉藤慎二、モデルの近藤千尋が登場。平原と同じく友情に関して質問された斉藤は、「自分は友達がいないのであまり語れないのですが、おたけと太田とはお笑いコンビというビジネスパートナーではなく、いつかベストフレンドになりたいと思っています!」と回答し、場内を爆笑させた。

 映画は、長年にわたって友情を築いてきたジェス(バリモア)とミリー(コレット)の葛藤と絆を描く。不妊治療を続けてきたジェスが妊娠し、同時期にミリーの乳がんが発覚。互いを思う気持ちから、人生のすべてを共有してきた2人の間に言葉にできない事柄が増えていく。「トワイライト 初恋」のキャサリン・ハードウィック監督がメガホンをとった。

 「マイ・ベスト・フレンド」は、11月18日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。第29回東京国際映画祭は、11月3日まで東京・六本木ヒルズほかで開催。