台新銀行提供

写真拡大

(台北 27日 中央社)台新金融控股(ホールディングス、HD)傘下の台新国際商業銀行は27日、東京に支店を開設した。経済協力開発機構(OECD)に加盟している日本に進出したことで、2年後と5年後には中国大陸でそれぞれ事務所開設と支店の開設申請が可能となる見込み。

同行の海外支店開設は、香港、シンガポールに続いて3地点目。台新HDの呉東亮董事長(会長)は、海外市場進出の大きな布石になるとしたほか、地域化や国際化の重要な一里塚になると語った。

東京支店では台湾系企業や華僑のほか、地元企業や多国籍企業に対しても一般融資や貿易融資などのサービスを提供する予定。

また、今後はオーストラリア・ブリスベン、ベトナム・ロンアン、フィリピン・マニラへの支店開設に向け準備を進めるとしている。

(田裕斌/編集:齊藤啓介)