<マイナビABCチャンピオンシップ 初日◇27日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)>
 賞金王となった2014年以降勝ち星から遠ざかっている小田孔明。特に今季は厳しい戦いが続き、現在賞金ランクは41位だが、「ちょっとずつ良くなってるよ」と復調をアピールした。
賞金王レースもますます熱い!国内男子ツアーをフォトでチェック!
 その言葉通り、強い風が吹くABCゴルフ倶楽部で6バーディ・2ボギーの“68”。4アンダーで首位と2打差の4位タイにつけた。「今日はよく耐えられた。ピンチもちょっとしたものくらい」。何よりもうれしいのがゴルフへの手ごたえだ。
 「ちょっとずつ良くなってきている。悪くはなっていないしね。優勝できるかどうかというレベルにはまだ届いてないけど、上位で戦えるところまでは持ってこれた。あとはドライバーだけだね」。ようやくアクセルを踏み込んでいける状態まで戻ってきた。
 そうなれば欲しいのは成績。「速いグリーンは嫌いじゃない。フェアウェイに置いて、のっけて、チャンスを待ちながらゴルフをすれば自然と上位で戦えると思う。毎日3アンダーを目指して戦っていきたい」。最後にこう付け加えた。「明日以降も風が強ければチャンスはあると思う」。調子を取り戻したマネーキングが不敵に笑った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼特別インタビュー#3】選手目線で見た良いセッティングとは
「ゴルフが楽しくなってきた」谷口徹、復調のきっかけは小平“師匠”!
“現代の低スピンFW”を扱えるヘッドスピード!畑岡奈紗が海外で通用する理由