生田斗真×広瀬すず、映画『先生!』 (C) 河原和音/集英社 (C) 2017 映画「先生!」製作委員会

写真拡大

生田斗真と広瀬すずが、河原和音原作の同名人気コミックを実写映画化する『先生!』で、恋に落ちる「先生」と「生徒」役に扮し初共演することがわかった。

吉高由里子お手柄!? 生田斗真に「もう1度チューしようか」と言わせ女性客大興奮!

原作は、1996年から2003年まで別冊マーガレットで連載された「先生!」。著者の河原は映画『青空エール』や原作を担当した『俺物語!!』など、ここ1年の間に作品が立て続けに実写映画化された人気少女マンガ家だ。

本作は、教師と生徒の恋愛を描き、当時の別冊マーガレットを代表する作品の1つと言われるほどの人気を誇り、現在までに累計発行部数570万部を突破する大ヒット作の実写映画版。主人公の教師・伊藤貢作役を生田、伊藤に人生初めての恋をしてしまう女子高生・島田響役を広瀬が演じ、青春恋愛映画の名手・三木孝浩監督がメガホンをとる。

生田が恋愛映画に出演するのは『僕等がいた』以来5年ぶり。三木監督とも『僕等がいた』以来2度目のタッグとなる。その生田は本作出演について「久しぶりに王道ラブストーリー作品に呼んで頂きました。三木監督の描く、青春時代の一瞬の煌めき、キラキラと輝く眩しい世界観の中で、大人の男を精一杯演じたいと思っています」とコメント。

初共演となる広瀬に関しては「映画に対して、お芝居に対して、とても誠実な広瀬さんと御一緒出来ること、今から本当に楽しみにしています。生田、久々に恋愛映画やるってよ。キュンキュンを超えて、ギュンギュンする映画を作ります。皆様、ぜひ、完成を楽しみにしていて下さい」と話している。

一方の広瀬は「私自身、ここまで王道なラブストーリーの作品は初めてなので、どんな世界でどんな感情に出会うのかな、と思うと、ただただ楽しみです。少し恥ずかしい気持ちもありますが、伊藤先生への気持ちを大切に、先生のことを大好きになりたいと思います。少しでも、響の切ない心、嬉しい心をたくさん感じれるように頑張りたいと思います。楽しみに待っていただけたら嬉しいです」と述べている。

『先生!』は11月にクランクイン。2017年3月に作品が完成し、同年秋に全国公開予定だ。