写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開するロボット×美少女のフィギュアシリーズ「アーマーガールズプロジェクト」(AGP)より、最新作となる「アーマーガールズプロジェクト MS少女 Sガンダム」が、同社の大人向けコレクターズアイテム展示イベント「TAMASHII NATION 2016」(会期:10月28日〜30日)で展示される。27日のプレス内覧会で初公開された。

「アーマーガールズプロジェクト」は、バンダイのコレクターズ事業部が展開するフィギュアシリーズ「超合金」「ROBOT魂」をはじめとするロボットフィギュアで積み上げた可動やスタイルの確固たる技術と、「S.H.Figuarts」「Figuarts ZERO」など美少女フィギュアのノウハウ、「アーマープラス」の「纏う」技術を組み合わせた「アーマー」と「オンナノコ」キャラクターフィギュアプロジェクト。これまでに『機動戦士ガンダム』シリーズの「MS少女」や『IS<インフィニット・ストラトス>』や『とある科学の超電磁砲S』『ストライクウィッチーズ』『艦隊これくしょん-艦これ-』『モンスターハンター』といった人気作品のキャラクターを立体化している。

今回モビルスーツ(MS)側のモチーフとなっているのは、雑誌企画『ガンダム・センチネル』に登場したSガンダム。人気メカデザイナーのカトキハジメ氏が手がけた機体で、可変機構のほか、インコムなどの実験的な兵器も搭載されていた。参考出品されたサンプルでは、インコムはもちろん、ビームカノンなどの兵装を確認できた。

なお、Sガンダムの強化版であるEx-Sガンダムは「METAL ROBOT魂」で新たに立体化され、11月下旬に発売されることが発表されている。

(C)創通・サンライズ