どう違うの?

写真拡大

人気のスプレッド「ヌテラ」を手軽に食べられる「ヌテラ アンド ゴー」が、2016年10月25日からファミリーマートとサークルKサンクス(現在は関東地方と長野県限定)で発売されています。

先日、東京バーゲンマニアで取り上げたところツイッターなどのSNSを中心に大きな反響がありました。(参照:「ヌテラファンに朗報 「ヌテラ アンド ゴー」がファミマとサンクスで買えます!」)

その中に多かったのが「ヤンヤンつけボーとどう違うの?」「ヤンヤンつけボーと一緒?」という声。

一時、ツイッターのTLがこの質問で埋まるほど反応があったので、編集部では、ヌテラ アンド ゴーとヤンヤンつけボーは一体どこが違うのか、真面目に比べてみました。

クラッカーだけ食べてみた

ヌテラはイタリア発のヘーゼルナッツのチョコレートスプレッド。欧米を中心に人気があり、日本でも輸入食品を扱うスーパーなどで手に入れることができます。香ばしい香りやコクがクセになり、根強いファンがいます。ヌテラアンドゴーは、そのヌテラとクラッカーが一緒に入っているスナック菓子です。

ヤンヤンつけボーは明治が輸入販売しているお菓子で、原産国はシンガポール。カップにチョコレートクリーム、クラッカー、トッピングの3つが入っています。東京バーゲンマニアの公式ツイッターには、「子どものころに食べた」という声が多く寄せられました。記者(20代)も子どものころ食べていた懐かしのお菓子です。

1)価格、カロリー

まずは価格を比較します。「ヤンヤンつけボー」は近くのドラッグストアで購入。130円でした。ヌテラは248円。ファミリーマートで購入しました。ヌテラアンドゴーはヤンヤンつけボーの約2倍の値段。

内容量は、ヤンヤンつけボーが48グラム、ヌテラ アンド ゴーが52グラム。エネルギーは、ヤンヤンつけボーが255キロカロリー、ヌテラ アンド ゴーが269キロカロリーです。このあたりはほとんど差がありません。

2)クラッカー

さっそくパッケージを開けてみます。

ヤンヤンつけボーにはトッピングが入っているのが大きな違いです。

入っているクラッカーを比べてみると、ヤンヤンつけボーの方が少し長いことがわかりました。測ってみると、ヤンヤンつけボーのクラッカーは8.6センチ、ヌテラアンドゴーは7.5センチで1センチほど差があります。

さっそく、チョコをつけずにクラッカーだけで食べてみます。

ヤンヤンつけボーは、程よく塩味を感じる甘みのあるクラッカーでバターのような風味が感じられます。クッキーに近い食感。 "クイズ"もプリントされています。

一方、ヌテラアンドゴーのクラッカーはプレーンな味で、ほんのり塩味がする程度。食感も軽めです。クラッカー単体で食べるなら、記者はヤンヤンつけボーの方が好みです。

ヌテラの完成度の高さ、際立つ

3)チョコレート

次は、肝心のチョコレート部分。

艶やかなヌテラアンドゴーと比較して、ヤンヤンつけボーにはあまり艶は見られません。スプーンにのせてみると、ヤンヤンつけボーの方が少し固めで、ずっしり。ヌテラは糸を引くほどトロリとしていていました。

ヌテラのチョコ部分を食べてみると、なめらかな舌触りと濃厚なコクが楽しめます。ヘーゼルナッツの風味が感じられて"外国っぽい"。欧米のチョコレート特有のコクを感じます。

パッケージに表記された成分表では、ヌテラにはヘーゼルナッツが13%使われているとのこと。確かに、食べてみた印象もチョコレートそのものというよりヘーゼルナッツのペーストにチョコレートの味わいが加わったという印象を受けます。

一方、ヤンヤンつけボーは甘いチョコレートの味わいで、ナッツのような風味は感じられません。ヌテラと比較するとコクは軽めです。

この部分だけ比較すると、チョコ部分だけで奥の深い味わいが楽しめるヌテラに軍配があがります。スプレッドとして単体で販売されていることもあって完成度の高さが際立ちました。

クラッカーにつけて... 総合評価は?

4)総合評価

いよいよ、クラッカーにチョコをつけて食べてみます。

まずはヤンヤンつけボー。棒状のクラッカーをチョコレートの沼にいれます。固めのテクスチャなのでクラッカーには少し絡みにくいですが、しっかりチョコクリームをつけて口に運ぶと、チョコレートの甘さとクラッカーの塩味のバランスがとれています。チョコクリームが主張しすぎていないので、重すぎず食べやすいです。

さらにトッピングをつけると、甘い味わいに変化。つぶつぶとした食感やカラフルな見た目もあって、楽しく食べられます。

同様に、ヌテラアンドゴーのクラッカーを"ヌテラ沼"に入れます。こちらはクラッカーに絡みついてきます。食べてみると、たっぷりのヌテラがサクサクのクラッカーと一緒に舌の上に広がります。

ヤンヤンつけボーとは違い、ヌテラそのものの主張が強めです。クラッカーの食感が軽くプレーンな味わいなので、たっぷりのヌテラそのものをクラッカーをスプーン替わりにして食べているような印象。いろんな人が"忠告"する通り、これは、止まらなくなりそう...。

どちらも魅力的ですが、記者が近いうちにリピートしてしまいそうなのは「ヌテラアンドゴー」。濃厚な味わいにハマってしまいました。ヌテラに根強いファンがいるのも納得です。

まだヌテラを体験したことがない人もファミリーマート、サークルKサンクスで手軽に買えるようになったので、ハマるので覚悟を!