いつか迎えに来てくれるよね…主人を待ち続ける犬の忠誠心に感動の声

写真拡大 (全5枚)

引っ越しの際、不要になった荷物と一緒に置き去りにされた1匹の犬が話題になっています。

米・デトロイトのDetroit Youth & Dog Rescueは青少年教育施設および動物の保護施設。

ここに勤務するマイク・ディーゼルさんのもとに、ある日1本の電話がかかってきました。

飼い主に捨てられた犬

電話の主は、先日引っ越しをした隣人が飼っていた犬を荷物と一緒に置き去りにしたと、ディーゼルさんに助けを求めました。

そこで現場に駆けつけると、縁石に捨てられた荷物のそばに1匹のピットブルを発見。

Detroit Youth & Dog Rescue

犬は警戒しているのか、ディーゼル氏に近寄ろうとはしません。

Detroit Youth & Dog Rescue

詳しく話を聞くと、隣人が家を出たのは1ヵ月も前のことで、彼らは時折荷物を取りに戻りながらも、犬を連れては行くことはなかったそう。

にもかかわらず、いつか主人が迎えに来てくれると信じている犬は、その場を離れようとはしなかったそうです。

Detroit Youth & Dog Rescue

ディーゼルさんはその犬を“Boo(ブー)”と呼び、エサを与えたり話しかけたりしながら、15時間かけて彼と打ち解けていきました。

そんな努力の甲斐あって、2日目にはブーにリードを付けることに成功。

Detroit Youth & Dog Rescue

そのまま検査を受けさせに病院へ行くと、ブーは犬糸状虫症と診断されたため、治療を行ないつつ施設で保護することにしました。

飼い主への忠誠心に感動!

帰ることのない主人を待ち続けた健気なブーの姿はSNSにて拡散され、施設には多くの人たちから感動の声や募金が届けられました。

また、ブーを引き取りたいという人もたくさん現れました。

今ではディーゼルさんにすっかり心を許しているブーですが、病気の治療のため、半年ほどは施設で体と心のケアを行なうとのこと。

その後はブーを大切にしてくれる新しい家族のもとへ送り出そうと、ディーゼルさんは今ありったけの愛情を彼に注いでいるそうです。

主人を想う心優しきブーには、今度こそ幸せになってほしいですね。