27日、韓国メディアによると、韓国の朴槿恵大統領の支持率が17.5%に急落した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は朴大統領。

写真拡大

2016年10月27日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が26日時点で17.5%に急落した。朴大統領が友人の民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏に大統領府の機密文書を渡し、助言を求めていた問題が影響したとみられている。

韓国の世論調査会社リアルメーターが24日から26日まで、成人男女1528人を対象に調査を実施した結果、朴大統領の職務遂行に対する肯定評価は前の週から7.3ポイント下がり、21.2%となった。一方、否定評価は8.6ポイント上がって73.1%となった。また、朴大統領が機密文書流出問題で謝罪した翌日の26日には肯定評価が17.5%にまで急落し、就任後初の10%台を記録した。

リアルメーターは「ほぼすべての地域、年齢層、支持政党で就任後最低の数値を記録した。特に、主要な支持層である60歳以上、保守層、大邱・慶尚北道、釜山・慶尚南道、与党セヌリ党支持者の支持離れが目立った」と説明した。

また、朴大統領の責任の取り方としては、42.3%が「下野あるいは弾劾」と答えた。後には「大統領府と内閣の人事刷新」(21.5%)、「セヌリ党からの離党」(17.8%)が続いた。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「まだ朴大統領を支持する人がいるということが不思議」
「17.5%の人は何を考えているの?こんな状況でも支持するの?」

「1%にまで落ちてほしい。国民をないがしろにする大統領はいらない」
「大統領府や崔順実がこのままやられっ放しで終わるわけがない。何らかの手段を講じる前に崔順実の秘密の人脈をすべて洗い出さなければならない」

「朴大統領を下野させ、崔順実の財産をすべて没収するべき」
「崔順実の支持率を調査するべき。なぜ操り人形の朴大統領を?」

「その17.5%は、韓国がもう一度日本の植民地になったとしても大統領を支持し続ける人たちだ」
「映画のようなことが映画のように現実の世界で起こったから、ただただ呆然としている…」(翻訳・編集/堂本)