2位タイの好発進だがショットが良くないと本人にとっては気持ち悪さの残る試合となった(撮影:秋田義和)

写真拡大

<マイナビABCチャンピオンシップ 初日◇27日◇ABCゴルフ倶楽部(7,217ヤード・パー72)> 
 4メートルのイーグルパットを決めて引き上げてきた片山晋呉。さぞご機嫌でクラブハウスに引き上げてくるかと思いきや、ずっと首をかしげていた。
賞金王レースもますます熱い!国内男子ツアーをフォトでチェック!
 イーグル以外にも4バーディを奪ってボギーは1つ。5アンダーは首位と1打差の堂々の2位タイ。それでも納得ができないのは内容の悪さだ。「パットは良かったけど、中身は全然ダメ。ショットが良くない」。最後に「めっちゃ気持ち悪い」と吐き捨てた。
 ABCゴルフ倶楽部では大会名こそ変わっているものの2003年、2005年、2006年と過去3勝を挙げているが、「最近ずっと良くないから好相性って言うのもないね。今日も“このコース良い”ってものを持てなかった」とショット復調の手助けにはならなかった。
 「修正できるのであればすぐできてる。それができないから困ってる。でも何とかするしかない」。ショット復調のきっかけを求めに、ドライビングレンジへと急いだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【石川遼特別インタビュー#3】選手目線で見た良いセッティングとは
「調子云々じゃなく結果を残す」矢野東はホスト大会に気合い十分
“現代の低スピンFW”を扱えるヘッドスピード!畑岡奈紗が海外で通用する理由