GHOST IN THE SHELL

写真拡大

日本を中心に瞬く間に世界へと拡散し、世界が熱狂するバイブルと化した不朽の名作『攻殻機動隊』が、実写映画『GHOST IN THE SHELL(原題)』として全世界で2017年に公開されるが、主演のスカーレット・ヨハンソン(『ヘイル、シーザー!』)が本作の監督を務めるルパート・サンダース(『スノーホワイト』)と共に緊急来日することが決定した。

『攻殻機動隊』のその独特の世界観は『マトリックス』シリーズや『センス8』で監督を務めたウォシャウスキー兄弟など、多くの映像作家・監督に影響を与えた。2004年には押井守の監督2作品目となる映画『イノセンス』の公開を果たし、日本のアニメ作品としては初のカンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映されるなど、世界中から絶大な評価を博し、世界のカルチャーに多大な影響を与え続ける名作である。

本作のハリウッド実写映画化のニュースは世界中を駆け巡り、ファンを中心に新たな情報が渇望されていた中、2016年10月、突如、パラマウント・ピクチャーズのYouTubeチャンネルで10数秒の映像が数本配信され、わずか数週間で計770万回超の再生数を記録。そんな話題作の「GHOST IN THE SHELL エクスクルーシブ・イベント」が、11月13日(日)都内で開催されることが決定! 来日するスカーレットとサンダース監督に加え、本作に出演しているビートたけし等、特別ゲストたちと共に、日本から世界に向け大規模なハッキングイベントが行われる。

この貴重なイベントに"全世界限定"で100組200名を緊急募集! 世界から選ばれた"200名"に参加したい方は以下のURLよりご応募ください。

応募ページ:https://ssl.eiga.ne.jp/GITS/form/

(海外ドラマNAVI)