“韓国で大活躍中の日本人”KangNam、5階建ての新居を初公開「貯金を全部使った」

写真拡大

KangNam(カンナム) が自身の新しい家である5階建ての建物を初公開する。

27日に韓国で放送されるJTBC「古い家をあげる 新しい家を頂戴」では、KangNamが出演し、廃家のようだった家を壊して建てた新しい家を公開する。またメンター(良き指導者) であるデザイナー、イム・ソンビンと共に自身の空間を直接インテリアする姿も公開される。

通帳の残高が3422ウォン(約315円) だったKangNamは、5階建ての新しい家を建て、出演陣たちを驚かせた。今まで多数のバラエティ番組を通じて公開されたKangNamの家は、30年を超えた古い住宅で、水道からサビ水が出て、ゴキブリも多く、壁に割れ目がある、すぐ崩れてしまいそうな姿だった。このような家に住んでいたKangNamは、洗濯をする時にもサビ水を捨ててから洗濯機を使い、カビのせいで鼻炎で苦しむ姿が放送を通じて公開された。

これにKangNamは、「家が古すぎで、いつでも崩れてしまう恐れがある状況だった。それで活動する間、ショッピングもせず、最低限の食費だけを使いながら貯蓄したお金を全部投資し、新しい建物を建てた」と伝えた。

果たして古い住宅がどういう風に変わったのだろう。質素な性格で拾ってきた家具たちを使っていたKangNamが、建物の持ち主になって引っ越した新しい家は、JTBC「古い家をあげる 新しい家を頂戴」で韓国で27日の午後9時30分に放送される。