映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」ポスターが解禁! こんな藤原竜也、見たことない!?/(C)2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会

写真拡大

藤原竜也と伊藤英明がW主演で、初共演作となる映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」が、'17年6月10日(土)に公開されることが決定。同時に最新ポスターと映像が披露された。

【写真を見る】“美しき殺人犯”藤原竜也と対峙(たいじ)するのは“熱き刑事”伊藤英明/(C)2017 映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」製作委員会

同作は、'95年に残忍な手口で5人の命を奪い、世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22年後、“殺人手記”出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃の事態を描く。

映像では“被害者に近しい者を殺人の目撃者にする”という犯行を繰り返した曾根崎雅人(藤原)が大量のフラッシュを浴びて会見場に姿を現すシーンからスタート。

大勢のマスコミ、罵声を前に彼は「はじめまして、私が殺人犯です」─という強烈な言葉を発する。そして、その男をにらみつける刑事・牧村航(伊藤)との因縁めいた関係性も描かれている。

また、ポスターには不敵な笑いを浮かべる曾根崎の姿が。残忍な殺人を犯したとは思えないほど美しい容姿で出版した本「私が殺人犯です」を手に、日本中を混乱におとしいれ、逆なでする男として、まがまがしさすら感じるビジュアルに完成した。

監督は映画「ジョーカー・ゲーム」('15年)、「太陽」('16年)などを手掛けた入江悠。

【STORY】

阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした時代に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ、目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させる。そのルールで行われた残忍な犯行は、世間の注目を浴びた。

事件を担当する刑事の牧村は、犯人を追い詰めるものの、悪賢い犯人のわなによって敬愛する上司が殺されてしまう。そして、犯人は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。

22年後のある日。一冊の本が日本中を震撼させる。その本のタイトルは、「私が殺人犯です」。それは、あの事件の犯人と名乗る男が書きつづった殺人手記。

出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNSにより時の人になっていく殺人犯。しかしその告白は、新たな事件の始まりに過ぎなかった…。