初めて書いた本がベストセラーとなり、「言葉が深すぎる…」と話題になっている10歳の男の子、中島芭旺(ばお)くん。小学校へは通わず自宅学習を選んでいる彼のモットーは「自分で選択して学習」「好きな人から学ぶ」こと。

その言葉の数々は、脳科学者の茂木健一郎さんが「バオは、この本で、もしかしたら、大人の常識をひっくり返すかもしれない」と語るほど。

そんな芭旺くんの初の著書『見てる、知ってる、考えてる』から、「自分」にまつわる5つの言葉をご紹介。大人の私たちにとっても、大切なことを気づかせてくれます。

01.

僕の最大の長所は、
1人では何も出来ないこと。
それを知っていること。
助けてっていえること。

02.

知らないことが沢山ある。
地球上にあるいろんなことなんて、
無限すぎて、だから僕は無知である。

無知である。
無知であるから何かを発見出来る。
無知だから他人と協力してそれぞれが活きる。
無知とは最強の武器である。

無知ということ。
それは知るということそのもの。
何かを見つけることそのもの。

知らない。
それは幸福である。

03.

悩みってその人の宝物で、
その人から奪っちゃいけないと思うんです。
現実ってその人に必要だから起こっている事だから。

04.

僕は、かまってほしくて泣く。
でも周りに壁を作る。
親に壁を登って来てほしいから。

けど「くるな」って言う。
それは、来てほしいと言うと来てくれないかもしれない、
そう思っているから。

でも、本当は来てくれる。
そういうプライドを捨ててみるとかまってくれる。

壁の向こうから、声をかけてくれる人がいる。
その人達は、ここまで来てくれないけど、
向こうから話しかけてくれる。
親を呼んできてくれる。
そういう人がいると、嬉しい。

「人が泣く理由はかまってほしいから」

05.

生きる意味について考えていた。
僕は今まで先の事を考えていた。
苦しかった。
ママに助けを求めていた。

今気付いた。

先の事を考えるより、
今だ。
今を楽しむ。
分かるはずのない先の事を考えるんじゃなく、
今だ。
今を楽しむ。
今を生きる。

2005年生まれ。10歳(出版時)。Twitterでつぶやく言葉があまりにも深いと話題沸騰中の中島芭旺くんは、「小さなからだの哲学者」と呼ばれることも。小学校へは通学せず、「好きな人から学ぶ」がモットー。10歳の男の子とは思えないほど、自分の軸をしっかりと持った言葉の数々は、大人の私たちにも響くものばかりです。