東京駅八重洲口に約200mのクリスマスインスタレーション、光を乗せた列車が走り出す

写真拡大

東京駅八重洲口「GRANROOF(グランルーフ)」のペデストリアンデッキと八重洲口駅前広場を幻想的に彩るインスタレーション「東京駅グランルーフ Light on Train」が開催される。期間はクリスマスシーズンの2016年12月1日(木)から25日(日)まで。

2012年より展開している、東京駅八重洲側のクリスマスインスタレーション。例年、グランルーフから放たれる幻想的な光で、東京の冬の夜を彩ってきた。2016年は、新たなコンテンツに生まれ変わり、クリスマスシーンをさらに盛り上げる。

クリエイティブディレクションは、独自の世界観、映像美を確立し、革新的な作品を国内外で発表し続けている、ビジュアルデザインスタジオ「WOW(ワウ)」が担当。全長約200mに及ぶグランルーフ全面をキャンバスにし、インタラクティブ性のある壮大なインスタレーション作品を制作する。コンセプトは「光」を乗せた列車。運ばれてきた『光の花』が漂うファンタジーな空間が広がる。

エリアは、「照明演出エリア」「インタラクションエリア」「映像演出エリア」の3つ。それぞれが最新の映像・照明装置を用いた光の空間になり、物語性を感じさせる影絵をモチーフとした場所も。特に「インタラクションエリア」では、所定のエリアに立つと、影をリアルタイムでルーフ上にシルエット化して投影する演出が施される。

【実施概要】
「東京駅グランルーフ Light on Train」
期間:2016年12月1日(木)〜12月25日(日)
時間:17時頃〜22時
※荒天の場合は、点灯を見合わせる場合があり。
※時間や日別等による特別演出はない。
場所:東京駅八重洲口グランルーフ、八重洲口駅前広場


[写真付きで読む]東京駅八重洲口に約200mのクリスマスインスタレーション、光を乗せた列車が走り出す

外部サイト

  • 「マリメッコ展」渋谷で開催 - ファブリックやドレスなど約200点が揃う国内初の大規模な巡回展
  • 「安藤忠雄展」国立新美術館で - 日本を代表する建築家の半世紀にわたる“挑戦”の連続を紹介
  • リトゥン山縣が初の絵画展を表参道ヒルズで開催 - 学生時代から現代に至るまでの作品を展示・販売