菅田将暉、片岡愛之助…「勇者ヨシヒコ」のゲストが豪華すぎる!【秋の深夜ドラマ】

写真拡大

【芸能ライター・スナイパー小林のドラマ評〜2016秋ドラマ 深夜編 その3】

 今クールの深夜ドラマがやけに見ごたえがあると話題だ。数ある番組から「黒い十人の女」「家政夫のミタゾノ」「勇者ヨシヒコと導かれし七人」「とげ〜小市民 倉永晴之の逆襲〜」「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」の5つをピックアップ。芸能ライターが(おもしろくて)ニヤニヤしながら、秋の夜長にピッタリな作品たちを総評する。

◆TOKIOの新境地を開拓

●家政夫のミタゾノ
テレビ朝日/毎週金曜23:15〜
主演:松岡昌宏(TOKIO)

 尋常ではない家事、生活スキルを持つ派遣家政婦の三田園薫(松岡昌宏)は、実は女装をした男性という秘密を持っている。花田えみり(清水富美加)とペアを組み、家庭を回るのが仕事。でも、家庭内の秘密に触れるとその全貌を暴きたくなる癖がある。ぬかりなく真実へ近づいていく三田園によって、次に“汚れ”を落とされるのはどの家庭……?

 タイトルからしてぶっ飛んでいると思ったけど、内容もさすがのぶっ飛びっぷり。まずはネットで話題騒然になったとおり、松岡昌宏が女装で登場する。男らしいイメージで通っている彼がすね毛を剃ったエプロン姿を披露しているわけだが、意外とサマになっているではないか。そうか、忘れそうになっていたけど彼の所属事務所はジャニーズ事務所。正統派の美形だからこそ、女装もしっくりくるのだ。

 三田園が家事を褒められるたびに言う、「痛み入ります」という決めセリフ。ドスの効いた声でときどきチラ見せする男っぽさ。見ていてニンマリの要素は満載だ。

 ドラマ内では、披露した家事テクニックをおさらいして紹介するコーナーがある。「DASH村(日本テレビ)」の大ヒットにより、農業&ホームセンター系アイドルのイメージが強くなったTOKIO。家事も松岡本人がきちんと現場で試してから撮影に臨んでいるんだろうな、と想像してしまう。そしてこのドラマで“スーパー系アイドル”の新タイトルも獲得。もう怖いものなしだ。

◆“大人の戦闘モノ”、再び

●勇者ヨシヒコと導かれし七人
テレビ東京/毎週金曜24:12〜
出演:山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ

 シリーズ第三弾。勇者ヨシヒコ(山田孝之)が一度は救った世界もいつの間にか、天空の魔王によって暗黒の時代へ……。再び世界を救うため立ち上がったヨシヒコ。メレブ(ムロツヨシ)、ムラサキ(木南晴夏)、ダンジョー(宅麻伸)の4人を連れて平和を取り戻すための旅に出る。

 毎回出演するゲストがやたら豪華なうえに、コスプレをさせているのがいい。菅田将暉、遠藤憲一、片岡愛之助、城田優、太賀、中川翔子……とスターたちが真剣にギャグを演じているのはもう笑いが止まりません。

 神の役で登場した片岡愛之助が歌舞伎調でセリフを話すシーンが特に気に入った。どっかの女と神社でイチャコラしているその神に向かって真顔で、「どうして神様がエッチなことするんですか!」と、悲しそうに突っ込む純粋なヨシヒコ。さすが憑依型俳優と呼ばれる彼の演技力に敬服。先日まで闇金の社長をしていたとは思えない。

 役者たちがおバカなことを真剣にやるあの感じは、小さなころに楽しみにしていたテレビの戦隊モノに通ずるものがある。それが深夜に形をちょっとだけ変えて、大きくなった私たちの元へ戻ってきてくれたような、そんなファンタジーにも近いドラマなのだ。

 次回の豪華なゲストは誰だろう、とホームページを見たら「(中略)ゲスト出演者に関して事前告知を番組公式(HPまた週刊・月刊誌)及び各事務所公式運用サイト内でも開示しないことに致しました。放送や予告を見て驚きのゲストを貴方の目で確認してみて下さい」とのこと。さすがエッジの効いた深夜ドラマの宝庫・テレ東様、楽しませ方をわかっている。

<TEXT/スナイパー小林>
【スナイパー小林 プロフィール】
ドラマ解説、芸能、恋愛、カルチャー、美容・健康ネタ好きのライターであり、編集者であり。執筆や編集を手がけた媒体は100冊以上。約20年以上ドラマをこよなく愛し、ついには趣味が仕事になった幸せ者のアラフォー。Twitter:@hisano_k