画像

写真拡大 (全2枚)

 ソネット・メディア・ネットワークスが開発・提供するDSP「Logicad」とブレインパッドが開発・提供するプライベートDMP「Rtoaster」の連携した「優良顧客育成ソリューション」がリリースされた。

 ソネット・メディア・ネットワークスとブレインパッドは、ソネット・メディア・ネットワークスが開発・提供するDSP「Logicad」と、ブレインパッドが開発・提供するプライベートDMP「Rtoaster」(アールトースター)を連携した「優良顧客育成ソリューション」の提供を開始した。

 同ソリューションでは、Logicadに搭載された人工知能「VALIS-Engine」によって発見された「潜在顧客層」に対してターゲティング広告配信を行い、優良顧客になる可能性が高いユーザーを送客。その後、Rtoasterの多彩な機能によりWebサイトやメール、スマートフォンアプリなどの各チャネルにおけるマーケティングアクションを高度にパーソナライズすることが可能となる。

 これらにより、「潜在顧客層」の特定と獲得から、優良顧客への育成までをワンストップかつ効率的に実施することができる。

 両社は同ソリューションの提供開始を契機に、ブレインパッドのデータ分析・活用に関する豊富な実績と、ソネット・メディア・ネットワークスの人工知能「VALIS-Engine」による行動予測技術など、両社が有するノウハウの連携をはかっていく。

MarkeZine編集部[著]