26日、安倍首相と会談したフィリピンのドゥテルテ大統領は、南シナ海問題について言及し、「法の支配に基づき平和的に解決したい」と語り、「常に日本の側に立つ」と述べた。資料写真。

写真拡大

2016年10月26日、安倍首相と会談したフィリピンのドゥテルテ大統領は、南シナ海問題について言及し、「法の支配に基づき平和的に解決したい」と語り、「常に日本の側に立つ」と述べた。南シナ海に関して日本は、中国の主権主張を否定した仲裁裁判所の判断を尊重すべきとの姿勢を見せており、中国側の反応に注目が集まる中、中国外交部公式サイトは同日の定例記者会見での同部陸慷(ルー・カン)報道官の発言を掲載した。

陸報道官は、「ドゥテルテ大統領が日本訪問中に行った関連の発言は、訪中時の姿勢と全体的に一致する。つまり、中比は協力関係に重きを置き、南シナ海問題においてすぐに解決できない問題は棚上げする」と説明した。(翻訳・編集/内山)