映画でタッグを組んだことで交際を始めたケイトとレン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ハリウッドで離婚劇が続くなか、今度は監督のレン・ワイズマンが「和解しがたい相違」を理由にケイト・ベッキンセールとの離婚を申請した。

【写真を見る】レンとの関係は!?モデルのCJ・フランコ/写真:SPLASH/アフロ

レンの申請書類としてTMZ.COMが報じたところによれば、お互いに配偶者サポートは要求しておらず、婚前契約書も交わしているという。

2人は2003年に『アンダー・ワールド』(03)の主演女優と監督という形で知り合った。当時ケイトは4歳だった娘リリーの父親マイケル・シーンと交際していたが破局。一方レンは、幼稚園の先生であるダナという女性と離婚し、ケイトとレンは同年6月にスピード婚約、翌年5月に結婚した。

しかし昨年10月、レンはモデルのCJ・フランコと仲睦まじい様子を目撃されており、レッドカーペットでも指輪をしていなかったため破局説が浮上。同年11月には別居を明らかにしていた。

離婚の詳しい理由は明らかになっていないが、今年6月からレンとCJが一緒にいる姿は目撃されておらず、現在2人が交際しているのかは不明。またレンとCJの関係が離婚の原因だったのかなども分かっていない。ケイトとレンの間には子供もいないことから、泥沼離婚は避けられそうだ。【NY在住/JUNKO】