27日、昭和天皇の弟で天皇陛下の叔父の三笠宮崇仁さまが亡くなられたことについて韓国の複数のメディアが報じた。写真は聖路加国際病院。

写真拡大

2016年10月27日、昭和天皇の弟で天皇陛下の叔父の三笠宮崇仁さまが亡くなられたことについて韓国の複数のメディアが報じた。

三笠宮さまは27日午前8時34分、心不全のため、入院先の聖路加国際病院(東京・中央区)で逝去された。記録に残る皇族の中で最高齢の100歳だった。

ニュース1は三笠宮さまについて、太平洋戦争中に陸軍参謀として中国・南京に赴任されたが、当時の日本軍の行為を目にし戦争に批判的な考えをお持ちだったと紹介。戦後、宮さまが著書に記された「今もなお良心の呵責(かしゃく)にたえないのは、戦争の罪悪性を十分に認識していなかったことです」との一文のほか、1998年、中国の江沢民主席(当時)来日に際しての「中国の人々に謝罪したい」とのご発言を挙げ、「日本軍の蛮行を謝罪」した人物と表現した。

一方、アジア経済は、三笠宮さまが04年のラジオ番組で関東大震災時の朝鮮人虐殺に言及され「これを忘れてはならない」と述べられたことを紹介し、「良心ある発言をした人物」が亡くなられたと伝えた。

こうした報道を受け、韓国のネットユーザーからは「ご冥福をお祈りします」とのコメントが多数寄せられたほか、「信念を持った方として記憶します」「良心的な日本人ならいつでも歓迎だ」「日本の真の知識人の一人がこの世を去ってしまったか」「18年前にやっと謝罪したのか」「遅くはなったけど謝罪してくれてよかった」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/吉金)