写真提供:マイナビニュース

写真拡大

広島県では10月29日より、25年ぶりのリーグ優勝を飾った広島東洋カープと広島県内23市町とのコラボによる、県内全域をステージとした周遊企画「HIROSHIMA RED PASSPORT」がスタートする。

同企画は、広島県内各市町をイメージしたオリジナルデザインの「カープ坊やスタンプ」23種類を集めて回るスタンプラリー。集めたスタンプの数に応じて、抽選で景品が当たる。開催期間は10月29日〜2017年1月31日までで、広島県23市町の所定の施設やイベント会場などが会場となる。

広島県内の所定の施設で税別500円以上の買い物やサービスを利用すると、「HIROSHIMA RED PASSPORT」をプレゼント。そのパスポートに、同じく税別500円以上の買い物等で押してもらえる各市町オリジナルの「カープ坊やスタンプ」を集めて応募すると、集めたスタンプの数に応じて、抽選でカープ沖縄キャンプ見学ツアーをはじめとするカープ関連商品や県内各市町の特産品などが当たる。所定の施設の中には、スタンプが無料でもらえるボーナススポットも用意されている。

また、10月29日・30日開催の県内全23市町のグルメがそろう「ひろしまフードフェスティバル」(会場: 広島城とその周辺、中央公園)では、キックオフ記念として限定1万冊のパスポートを無料配布。フードフェスティバル限定スタンプも予定している。